메뉴 바로가기 본문 바로가기

お知らせ

「日常の距離置き」基本ガイドライン(案)

作成日
2020-05-06
照会数
75

個人防疫5つのポイント

重要ポイント()

 

その1>

調子いときには34ほど自宅

その2>

他人とはげたぐらいの距離感

その3>

手洗いは30エチケットを

その4>

毎日2回以上換気定期的消毒する

その5>

物理的距離くてもくにいるように

 

その1>

調子いときには34ほど自宅

新型コロナウイルスは症状初期でも感染する可能性があります

発熱呼吸器症状たときに他人との接触をなるべくけることで

伝播可能性えることができます

 

その2>

他人とはげたぐらいの距離感

新型コロナウイルスは飛沫感染でうつるとされています他人との距離2m以上置くことで

会話くしゃみなどで飛沫感染する可能性がります

 

その3>

手洗いは30エチケットを

からウイルスが体内ることをエチケットをることで飛沫感染可能性最小限にします

 

その4>

毎日2回以上換気周期的消毒する

換気をすると新型コロナウイルスがまれた飛沫空気中濃度げることができますまたウイルスを飛沫んだ可能性のある場所消毒することでによる感染可能性くなります

 

その5>

物理的距離くてもくいるように

新型コロナウイルスは社会のみんなが努力してこそ克服できますいに配慮ましいながら努力する社会をつくりましょう

 

日常距離置-オフィス勤務ガイド

 

󰊱勤務者

発熱呼吸器症状(みなど)がある場合14日以内海外旅行をした場合出勤せずに自粛する

他人との距離2m(最低1m)以上離れる

流水らし石鹸30秒以上洗除菌ジェルで消毒する

くの利用する室内施設ではマスクを着用する

屋外2m距離てない場合にはマスクを着用する

国内外出張はできればらす

ワークショップ教育研修などはなるべくオンラインや映像活用わせる場合はマスクの着用除菌ジェルの使用など個人衛生ガイドを

よくるモノ(テーブルキーボードマウス電話など)周期的消毒する

事務室作業場などを換気する

少人数まりサークル活動などは自粛仕事わるとめに帰宅する

職員食堂利用時にはなるべく一列もしくは交差して会話える

エレベーターなど密閉した空間ではマスクを着用会話ける

休憩室などを複数同時利用しない

毎日非接触タイプの体温計赤外線サーモグラフィーで体温検査及呼吸器症状有無確認作業協力する

 

󰊲管理者

防疫管理する担当部署(管理者)指定域内保健所担当者連絡網確保するなど防疫協力システムを構築する

従事者発熱呼吸器症状場合ちに帰宅させ出勤えるように指示する

施設設置除菌ジェルを配備手洗エチケットをるように案内文掲示する

共用使うモノ(ドアノブなど)表面毎日1回以上頻繁消毒する

発熱呼吸器症状場合もしくは14日以内海外旅行をした場合には訪問自粛するように案内する

毎日非接触タイプの体温計赤外線サーモグラフィー職員体温検査呼吸器症状有無確認する

手洗除菌ジェルの使用エチケットなどの衛生管理方法掲示教育する

󰊳会議開催

なるべくテレビ会議

テレビ会議可能業務環境える

対面して会議場合換気ができて参加者同士間隔けられる空間会議場所として確保する

会議への参加者数極力減らし効率のある進行会議時間短縮する

会議発熱呼吸器症状(呼吸困難倦怠感頭痛筋肉痛など)があったり14日以内海外への渡航歴がある場合には会議参加しないようにアナウンスする

主催者司会者会議前発熱呼吸器症状などを確認症状のある会議参加しないようにする

会議前後握手などの接触える

会議室随所除菌ジェルを配備参加者がいつでも使用できるようにする

会議場所換気しやすい場所使会議前換気をする

1時間ぎた時点休憩会議場所のドアとけて換気する

会議参加者間距離2m場合でも最低1m以上れて

2m(最低1m)以上距離確保1時間ごとの換気実施ができない場合対面会議自粛する

-やむをずに対面会議場合参加者全員がマスクを着用発言をするにもマスクをけたまま

*間隔維持換気などの条件場合マスク着用個人選択せる

 

添付
KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.