메뉴 바로가기 본문 바로가기

ビジョン2014プログラム

ベトナムテコンドー選手団、仁川で合宿実施

作成日
2017-11-06
照会数
223

-コーチ及び選手団7人2週間(10.26〜11.9)ビジョン2014プログラムの一環-

○2014仁川アジア大会の遺産として参加国の大きな呼応の中で順調に進んでいるアジアスポーツ弱小国支援事業「OCA-仁川ビジョン2014プログラム」が今年4度目のゲストを迎える。

 
○仁川広域市(市長ユ·ジョンボク)は、ベトナムテコンドー選手団7人が10月26日から11月9日まで15日間、仁川市で合宿を実施すると発表した。今回の合宿の訓練パートナーはキム·ジョンギュ監督が率いる仁川東区庁テコンドー選手団である。


○ベトナムテコンドー選手団は合宿期間中、仁川市の先進化された訓練システムで個別カスタマイズ訓練を実施する予定であり、文化体験、競技力向上プログラムなど、様々なプログラムにも参加する。これと共に、訓練期間中、キム·ウンヨンカップ国際オープンテコンドー大会に参加して世界トップクラスの選手たちと技量を競う大切な機会を持つ予定である。
 
 
○ベトナム選手団キム・ギルテ監督は、東亜大学でテコンドーリーダーとして在職後、今年1月17日にベトナム監督に抜擢され、ベトナム歴代初めて茂朱世界テコンドー大会46kg級銀メダル、世界グランプリ大会決勝進出を率いるなどの快挙を遂げた。
 
 
○キム監督は「テコンドー大国·韓国で訓練することができる機会を与えて下さった仁川市に心より感謝致します。選手たちに大きな刺激と技量向上のきっかけとなることを確信します」と感想を述べた。
 
 
○一方、仁川市は2014仁川アジア競技大会終了後にも、スポーツ弱小国に対する合宿事業を地道に続け、ビジョン2014プログラムの価値を持続していくなど、アジアスポーツ公共外交の模範となっている。


ベトナム選手団キム・ギルテ監督は、東亜大学でテコンドーリーダーとして在職後、今年1月17日にベトナム監督に抜擢され、ベトナム歴代初めて茂朱世界テコンドー大会46kg級銀メダル、世界グランプリ大会決勝進出を率いるなどの快挙を遂げた。 ベトナム選手団キム・ギルテ監督は、東亜大学でテコンドーリーダーとして在職後、今年1月17日にベトナム監督に抜擢され、ベトナム歴代初めて茂朱世界テコンドー大会46kg級銀メダル、世界グランプリ大会決勝進出を率いるなどの快挙を遂げた。 ベトナム選手団キム・ギルテ監督は、東亜大学でテコンドーリーダーとして在職後、今年1月17日にベトナム監督に抜擢され、ベトナム歴代初めて茂朱世界テコンドー大会46kg級銀メダル、世界グランプリ大会決勝進出を率いるなどの快挙を遂げた。
 
 

添付
KOGL
KOGL: Type 1 + Commercial Use Prohibition + Change Prohibition (Type 4)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.