메뉴 바로가기 본문 바로가기

ビジョン2014プログラム

スリランカ・レスリング選手団、仁川招待合宿終了

作成日
2019-11-22
照会数
135

2014仁川アジア競技大の遺産事業として仁川市で推進している「OCA-仁川ビジョン2014プログラム」アジアスポツ弱小支援事業の今年最後の招待であるスリランカ・レスリング選手が、合宿のすべての日程を無事に終了した。

 

今回の合宿は、828日から911日までの15日間行われ、指導は仁川環境公レスリングチムのイム・デウォン監督が担当し、仁川環境公と仁川体育高校レスリングムと合同訓練を施して、スリランカ・レスリング選手の技量向上に貢した。

 

合宿期間中、選手たちは、仁川スポツ科センタで競技力向上プログラムとして門的な運動査及びスポツコンサルティングの提供を受け、今後の訓練方向の設定に大きな助けになったと感謝の意を表した。

 

また中月尾公園統庭園を訪問し、韓国伝統衣装である韓服を着るなど韓文化を体し、仁川域市無形文化財育館で韓統文である丹青を彩色してエコバッグを作り、韓と美しさを喫する時間を持った。

 

スリランカ・レスリング選手ヤクデヒジ・ラジス・チャンディマル・フェルナンド(Yakdehige Rajith Chandimal Fernando)コチは、「ビジョン2014プログラム合宿に加した選手たちが訓練を通して取得した技術をもとに、今後出場する大で肯定的な結果を得ると期待している」と所感をえた。



添付
KOGL
KOGL: Type 1 + Commercial Use Prohibition (Type 2)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.

前へ
タイアーチェリー選手団、仁川合宿成功裏に終了
次へ
データがありません。