메뉴 바로가기 본문 바로가기

ビジョン2014プログラム

インドネシアテニス選手団、仁川合宿成功裏に終了

作成日
2018-10-01
照会数
130

○ 2014仁川アジア競技大会の遺産事業であり、アジアスポーツ弱小国支援事業である「OCA-仁川ビジョン2014プログラム」の今年3番目のランナー、インドネシアテニス選手団が仁川合宿を成功裏に終えた。


○ 仁川広域市は、インドネシアテニス国家代表選手団14人が6月18日に入国し、15日間の仁川招請合宿など、すべての日程を無事終了して、7月2日修了式を最後に故国に帰ると明らかにした。

○ 今回の合宿パートナー及び指導は、仁川広域市体育会テニスチームのソ・ギュジェ監督が担当し、集中的な合同技術訓練を実施することで、インドネシア選手団の技量が大幅に改良されたと評価された。


○ 特に、選手たちは仁川スポーツ科学センターで実施した競技力向上プログラムを通じて、専門的な運動処方検査及びスポーツコンサルティングを受けることにより、今後の訓練方向の設定に大きく役立ったと感謝の意を表した。


○ また仁川広域市無形文化財伝授教育館で実施した丹青体験は、選手たちに韓国の趣と美を堪能することができる時間を提供した。選手たちはそれぞれ個性的に丹青を彩色して保管することができる特別なエコバックを直接作り、伝統家屋を体験して、韓国についてより親近感を持つことができる意義深い機会を持った。


○ インドネシアテニス選手団カマリア・ペルリ・モントラウ監督は、「仁川の優れた体育施設と先端訓練システムに強い印象を受けた」と述べ、「世界的なテニス大国である韓国で合宿することができる機会を与えられたことに深く感謝し、選手たちにも大きく役立ち、2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会で大きな成果を期待できると思う」と感想を伝えた。


○ 市関係者は「ビジョン2014プログラムは、国際スポーツ界から多くの好評を得ており、アジア各国と仁川市をつなぐ素晴らしい架橋の役割を果たしている」とし、「今後もアジアスポーツの均衡的な発展と仁川市のブランド価値改善のために努力する」と述べた。


 

添付
KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.