메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

VR・ARコンテンツ、仁川の未来ビジョンとなる

仁川K-コンテンツの中心「仁川VRAR制作点センタ

K-ポップ、K-ドラマにき、いわゆるK-コンテンツ(VRAR)が、海外市場で大きく注目されている。韓の先端技術力としっかりとした先進化文化が結合したコンテンツで、新型コロナで家にいる時間が長くなる人たちが多くなると共に、空間の制約なしにしむことができるVRAR感コンテンツは、さらに熱を帯びている。 

ここでは、仁川のK-コンテンツ推進事業と中心プラットフォムである仁川VRAR制作点センタを紹介する。

K-ポップ、K-ドラマにき、いわゆるK-コンテンツ(VRAR)が、海外市場で大きく注目されている。 

新型コロナで家にいる時間が長くなる人たちが多くなると共に、空間の制約なしに楽しむことができるVRAR実感コンテンツは、さらに熱を帯びている。  ​​​


世界に伸びていくコンテンツ産業のメッカ

VR(バチャルリアリティ)、AR張現)のような感コンテンツは、ゲ映像などのエンタテインメント分野だけでなく、産業現場に大される傾向にある。2019年には、産業用分野のVRAR市場規模が、エンタテイメントのVRAR規模を初めて上回った。

また、2023年には、その格差が3倍に達する見みである。そのため、韓VRAR産業用分野に注目して、その活性化のためにな事業を進めている。

 

進行中の代表的事業としては、全国に14に及ぶVRAR地域センタを運営しており、同センタでは、VRAR制作施設の提供と地域産業連携VRARコンテンツの制作商用化を支援している。

▲仁川VRAR制作点センターには、ケッポルタワー1階に開コンテンツ展示室であるオプンスタジオとコンテンツ実験室のシミュレタールームがあり、すぐ前の建物の産協力館2階にはモションキャプチャーのような先端機器を無償で貸し出すコンテンツ制作室があるなど、全部で3つの主要空間を備えている。

 
VRAR点育成センタで制作したコンテンツ「ライジング」のキャプチャー画


仁川ではすでに、航空VRAR産業コンテンツ開支援が行われている。市の支援で()拡張知能では、人工知能と張現技術を組み合わせて、「IAR-MAP」という航空整備コンテンツを披露した。これは仁川際空港から離着陸する航空機を象に、すぐに適用することができる技術である。

航空整備士が整備直前のランディングギアや車輪など、機種に合った部品や機械を張現実のイメージで点検しながら、整備マニュアルを事前に確認することができる。市はこの他にも、グロバル市場への進出のための販路開拓にり出し、他地域の点センタと共に、連スタトアップ掘事業も推進する計である。

仁川市係者は、「VRARの世界市場は、2022年には119兆ウォン規模に成長すると見まれ、最近、国内通信3社も仮想現プラットフォムを立ち上げて、360度映像サビスを提供するなど、VR市場に積極的に加している」とし、「点センタ構築事業を契機に、VRARコンテンツ産業が仁川の未産業として活性化することを期待している」とえた。

K-コンテンツ・グロバル創造都市、仁川

仁川は先端K-コンテンツ事業の中心地である。仁川から仁川際空港、松島バイオクラスタなど、地域の特性を生かした仮想及び張現実実証コンテンツ開が活に行われている。市でも、これらのコンテンツ産業を特化成長させるために、「VRAR産業中長期略」を樹立した。

また、推進事業の一環として、「仁川VRAR点センタ」を開所した。これは、仁川中小企業の技術革新をサポトする仁川テクノパクが力を入れた成果である。

2020年に仁川松島に拠点を置いたセンタは、次世代コンテンツ産業の核心技術として注目されているバチャルリアリティ(VR・拡張現AR)を扱う地域点のプラットフォムである。センターでは、産業間融合型門人材の養成アカデミーをし、良質の連企業の人材需要をたす産業雇用創出に貢する。また、VRAR企業のグロバル進出パブリッシングサポトで、連産業の製品及びサビスに対するグロバル市場への進出の前進基地の役割をする。

その他にも、産学研連携を通じた証コンテンツを初めて披露しながら、コンテンツ開支援、VRAR機器無償貸出、門人材及び企業育成事業を推進している。

▲仁川は、「VRAR産業中長期略」を樹立し、推進事業の一環として、「仁川VRAR点センタ」を開所した。これは仁川中小企業の技術革新をサポトする仁川テクノパクが力を入れた成果である。

 

▲仁川テクノパクに構築されたVRAR制作点センターの様子



仁川VRAR制作点センタ

仁川VRAR制作拠点センターには、ケッポルタワー1階に開発コンテンツ展示室であるオープンスタジオとコンテンツ駆動実験室のシミュレータールームがあり、すぐ前の建物の産学協力館2階にはモーションキャプチャーのような先端機器を無償で貸し出すコンテンツ制作室があるなど、全部で3つの主要空間を備えている。

これらの空間でVRARコンテンツを開した後、体展示するだけでなく、ビジネス相談につなげることができるように、さまざまな種類のヘッドマウントディスプレイ(HMD)、360度動く子を3次元(3D)で撮影保存できるモションキャプチャー、VRARセットなど、43354台の高装備を備えている。

▲仁川VRAR制作点センタは、コンテンツ開支援、VRAR機器の無償貸出、門人材及び企業育成事業を推進している。

■ VR(VirtualReality)

[仮想現]用メガネやゴグルなどを利用して、仮想環境及び事物がまるで目の前にあるかのように見えるようにする技術

 ARAugmented Reality

[張現]際の環境を背景とし、その上で、コンピュタグラフィックスなどを通して、仮想グラフィックスを作り出す技術


KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.