메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

仁川、カーボンニュートラルを牽引して 「環境にやさしい特別市としてそびえる」

石炭同盟に加入、水素モビリティ・温果ガス削減も

仁川市は環境にやさしい未エネルギである水素経済の育成に乗り出した。グリン建築物クリンファクトリ散し、炭素を吸する都市の森づくりなどで、カボンニュトラルの現を促進している。

▲仁川市は環境にやさしい未エネルギである水素経済の育成に本格的にり出した。写真20181018日、朴南春仁川市長が、現代自動車の水素電自動車「ネクソ」に試した時の様子。 ​​



水素産業先導都市宣言、環境にやさしいエネルギーへの転換に拍車


仁川市は、化石燃料中心の社会から、環境にやさしいエネルギに速やかに転換するために、企業と手を組んで「水素産業先導都市」を宣言した。

 

去る32日、仁川市と西区、現代自動車(株)、SK ESは、「水素産業基盤構築のための相互協力にする業務協約」を締結した。水素経済のコントロルタワーである水素経済委員(丁世均国務総理、委員長)も参加した。

 

今回の協約に基づいて、市は今後、バイオ副生水素生産クラスタ構築を主導的に推進し、水素自動車への転換及びインフラ構築など、財政行政的支援に努める。西区は、水素産業基盤の構築と環境改善、安全性の向上をる。

現代自動車は、水素経済大に寄するため、水素自動車産業の育成と水素自動車の普及に積極的に努め、バイオ副生水素生産クラスター基盤構築証事業などに積極的に加する計画であるSK ESは仁川市バイオ副生水素生産クラスタ構築に加すると同時に、これと連携した液化水素インフラ構築に投資する予定である。

 

市は今後、副生水素と共に首都埋立地から出るバイオ水素を活用した「バイオ副生水素生産クラスタ」の構築と水素モビリティの普及大に力をくす方針である。

大企業が水素生産クラスタ構築に合流することにより、雇用創出や連産業の展など、経済果はかなりなものになると予測される。

朴南春市長は、「動に対応してカボンニュトラルを現するためには、水素エネルギの普及は選ではなく必須」であるとし、「最適な水素生産基盤をもとに、仁川の水素生産生態系を活性化する。水素の安全性に対する科的根に基づいて、市民理解を形成し、仁川市水素生産クラスターが大韓民国の水素経済の呼び水となるようにする」と述べた。

▲去る32日、仁川西SK仁川石油化で、「第3次水素経済委員」と「仁川市水素産業基盤構築MOU締結式」が開かれた。左からイジェヒョン仁川西区庁長、朴南春仁川市長、鄭義宣現代自動車グル長、丁世均首相、崔泰源SK長、孔泳云現代自動車社長、チュ・ヒョンウクSK ES社長

 

MOU加した人たちが、SK水素液化プランド事業予定地に関する明を聞いている。

 

建築物発生果ガス、2030年までに32.6%削減推進


市はまた、2030年までに建築物から生する果ガスの32.6%削減を目標に設定し、緑の建築活性化のための「緑の建築物造成詳細行計」を樹立し、積極的に施する方針である。

の建築は、エネルギ利用率及び新‧再生エネルギー技術などを適用して、自然にやさしく設計及び施工して、果ガスの排出を最小限に抑えるように計された建築を意味する。

これにより、省資源による環境汚染防止、燃料消費量の減少による空質の改善、二酸化炭素など果ガスの排出低減果が得られ、持可能な未のための環境にやさしい建築物としての意味が大きい。

の部門別果ガス排出量は、2017年基準で産業55.3%の次に建築物が24.6%と、排出量全体の4分の1を占めるほど深刻な問題となっている。仁川市の場合、果ガス排出量が全体で7400TCO2eqであるが、建築物はその内、17600TCO2eqを占め、全体の約25%と、同値を示している。

したがって、の建築物造成は、カボンニュトラル現を前倒しできる主要事業の1つという事ができる。特にの建築は、私たちの日常と非常に密接な関係があるため、最も現的な方案であり、最も早く行われるべきグリニュディルの主要課題である。

市で樹立したの建築活性化のための「の建築物造成詳細行計」は、▲制度的基盤造成▲仁川型の建築物造成▲の環境改善▲の建築文化散▲市民に対する報の5大推進課題を骨子としている。

まず、年内に「仁川域市緑の建築物設計基準」を制定して新築・改築等、建築審議象建築物を象に、親環境及びエネルギ性能などの基準を適用して制度的基盤を作る。

第二に、仁川地域の特性を反映して、雨水リサイクル及び水素燃料電池など、新‧再生エネルギーを活用したゼロエネルギ建築実現と老朽建築物改善のためのガイドラインを樹立し、「仁川型緑の建築物」を造成する。今年から現可能な新規事業を掘し、下半期予算確保後、事業推進する計だ。

第三に、脆弱階層が主に利用する公共建築物に対するグリンリモデリングと「我が家(仁川市永久賃貸住宅)」をゼロエネルギ建築物に建設し、建築物のエネルギ性能改善のための各種インセンティブを準備して、の環境を造成する。2020年には公立保育園など22ヵ所で、グリンリモデリング事業に着手したが、2024年までには600ヵ所(戸)に対する事業完了を目標とする。

第四に、仁川建築文化祭を(10月予定)を通じてエネルギスを提供し、の建築公募展などを開催して、市民の目線に立った創造的なの建築に対する未アイデアを掘して政策に反映するなど、の建築文化を散する計画である

最後に、の建築物案内冊子の製作、エネルギー教育プログラムなど、施と広報方案を準備して、の建築普及化及び認識散をる計である。

20201013日、市庁中央ホルで開かれた「2020仁川市民・市長大討論」では、仁川型ニュディ表と市民による資源循環に関するさまざまな表があった。

仁川型グリーン・ニューディール推進、環境特別市に飛躍

市は、資源循環政策の大換と炭素排出削減を2つの柱とする「仁川型グリーン・ニューディール」を本格的に推進し、環境問題に機敏に対応している。

2025年、首都埋立地終了と共に推進される親環境自埋立地(仁川エコランド)の造成、果ガスを吸する都市の森、エコカの普及などが代表的事業である。

仁川には今年、サッカ13個分の都市の森が造成される。第3京仁高速道路沿いのMP2.5断の森、都市風道の森、屋スマト庭園など45ヵ所に105000㎡の生活の中の都市の森が作られる。

2022年までには電自動車22000台、水素燃料電池車2500台など、エコカの普及も大幅に大し、2025年までにはエコカ6万台(電自動車5水素自動車1万台)、の建築物3000棟がグリニュディルの核心目標の一つである。

産業地に先端の技術を付加して、親環境に改造した「クリンファクトリ」も、2020年の15棟から2025年には90棟まで大する。

親環境自埋立地の造成と連して、最近、朴南春市長が直接、甕津郡興島を仁川エコランドの最終候補地に確定表し、「霊興を環境特別市・仁川の中心であり、親環境大韓民の未をリドする特別な島にする」と明らかにした。

 

仁川エコランドは、現在の直埋立方式ではない環境にやさしい方法で造成され、周辺地域に環境被害が生せず、資源循環センタ生した却灰をリサイクルした後、残った残渣物やその他の不燃性渣物だけを埋め立てて、1日搬入量が20トントラック約8台に過ぎないと予測している。

仁川市は、昨年11月に石炭同盟(Powering Past Coal Alliance. PPCA)に加入し、候の危機に能動的に対応して、持可能な環境にやさしいエネルギ換するための政府と全世界の化と行動に合流した。


KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.