메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

仁川文化クラスすくすく「アートセンター仁川」

2025年大公演会場ミュジアム完工、ドラマのロケ地として脚光

 

仁川経済自由域(IFEZ)が、アトセンタ仁川を通じてグロバル文化芸術都市への跳躍を夢見ている。

 

トセンタ仁川が、公式オプンから26ヵ月を過ぎて、華やかな公演ラインナップ、ユニクな音響と企力などで国内公演芸術界に名を築き、文化享有の機を提供するために多彩な文化芸術育プログラムを披露して、市民に寄り添っている。

 

トセンタ仁川は、グロバル都市IFEZで仁川市民の文化芸術に対するきを解消して享受する呼び水としての役割を果たしており、第2段階事業として着と進めている大公演会場とミュジアムが2025年末に竣工すると、名共にIFEZの文化競力を化し、文化芸術都市仁川を導く牽引車の役割をするものと期待される。

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210526/be71361f-767f-4fe3-b0e0-59df896b368e.jpg

▲アトセンタ仁川は、華やかな公演ラインナップ、ユニクな音響と企力などで国内公演芸術界に名を築いている。また、多彩な文化芸術育プログラムを披露して、市民に寄り添っている。


201811月に公式オプンしたアトセンタ仁川は、2600億ウォンが投入されて完成し、現在運中の第1段階コンサトホルは、延面積51977㎡、地下2階、地上7階規模で1727席を備えている。

 

マエストロが指揮する手の姿からインスピレションを得てデザインされ、仁川を代表する公演施設であり松島際都市のランドマクとして定着したアトセンタ仁川の外装は、カラ露出コンクリト工法を適用して時間の流れに耐え得るように設計され、部の光を活用して、一貫性のある景実現するメディアファサドシステムを装着した。

 

コンサトホルは、海を形象化して秀麗な部空間デザインを実現し、ロビー空間は白磁のイメジで芸術の純さを表現して、最高級の建築美を生かした。

 

コンサトホルは、ビンヤド(Vineyard)とシュボックス(Shoebox)スタイルのそれぞれの長所を混合した客席設計及び側壁反射音果の最大化と、精密な振動遮システムで、客との距離をめて音楽への没入感を高めた。

 

どの席に座っても音響の違いを感じないように精巧に設計されたコンサトホルは、独奏・室内楽はもちろん、大編成オケストラまで完璧なサウンドを提供する。

 

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210526/ee5f1f59-f7c5-432a-9d3a-61be36da334b.jpg

▲コンサトホルは、ビンヤド(Vineyard)とシュボックス(Shoebox)スタイルのそれぞれの長所を混合した客席設計及び側壁反射音果の最大化と、精密な振動遮システムで、客との距離をめて音楽への没入感を高めた。


201811月、仁川市を代表する演奏体である仁川市交響楽団とイタリアの名門楽団サンタチェチリア管弦楽団2つの開館公演がすべて、チケット販売開始後1分でり切れ、大きな話題を呼び、作品性と興行性を同時に備えた作品としてクラシック客の大きな注目を集めた。

 

今年、アトセンタ仁川は、企公演と共に多彩な文化芸術育プログラムを披露し、市民との多な出いを企画して身している。

現在、政府のソーシャルディスタンス防疫規則を徹底して遵守し、国内ティストを中心とした企公演を進めており、初予定されていた海外演奏体の韓公演は、新型コロナ散の推移を見守りながら推進する計だ。

40回の公演を行う予定で、特に代表的なシリズ公演の「土曜ステジ」、「マチネコンサト」、「コンサトオペラシリズ」などは、チケット販売開始と共に、客の関心を集めて進行中である。

これまでクラシック用公演場として名を築いてきたアトセンタ仁川は、多な文化享有の機を提供するために新たに用意された芸術育アカデミも、市民から多くの心を受けている。

 美術育アカデミは、△音と美術をテマに、合計2つの理論講座が行われる成人向け文化講座、△子供たちが、作曲という道具を使って自分の考えや感性を表現し、創造性を高めるために準備された芸術育プログラム、△文化芸術だけでなく、政治、経済、社など各分野の名士を招待して、彼らの時代的談論を深みのある講演で聞くことができる名士招待人文講座「大胆な大胆」などで構成された芸術育アカデミは、アトセンタ仁川が市民に一歩近づこうとする試みである

優れた美しい外と建築美で松島際都市の名所として定着しているアトセンタ仁川は、公演会場の貸出だけでなく、ミュジックビデオとドラマの撮影場所としても脚光を浴びている。 

この場所は、去る3月に撮影されたMAMAMOOフィインのミュジックビデオの主要舞台として登場し、ソンヘギョ主演のSBSドラマ「今、 別れている最中です」でも最近、撮影を開始している。  

特にSBSドラマ「今、 別れている最中です」においては、アトセンタ仁川がドラマのスト展開の主要舞台であるファッション社の社屋として設定され、感的な映像で登場する予定である。 

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210526/21d28f2c-9e6a-4250-8686-17d7d0f1137f.jpg

優れた美しい外と建築美で松島際都市の名所として定着しているアトセンタ仁川は、公演場の貸出だけでなく、ミュジックビデオとドラマの撮影場所としても脚光を浴びている。

 

仁川経済自由は、これと共にアトセンター第2段階推進のために、第1段階の開主体である松島際都市開株式社(NSIC)と一に、基本計策定及び妥当性調査用役に近いうちに着手する予定で、「文化芸術グロバル都市IFEZと仁川作り」に始動をかけていると明らかにした。

2段階事業は現在、運中の第1段階コンサトホル隣の松島洞80-9番地一に大公園会場とミュジアムを建設するものである。大公演会場は、オペラ、ミュジカルなど多な公演を行うことができる1515席規模の公演施設であり、ミュジアムには地上5階規模の展示スペスと近隣生活施設などの便宜施設が造成される計である。財政事業として推進されている第2段階の事業費は、総2200億ウォン所要されるものと推算されている。

2段階事業の必要性は、これまで絶えず提起されてきた。201811月にオプンしたアトセンタ仁川の第1段階コンサトホルは、クラシック用に設計された舞台の特性上、市民が嗜好する音をはじめとするなジャンルの公演を受容するには限界があり、市民がより幅く文化芸術を享受することができるように、第2段階推進が急務であるという指摘を受けてきた。特に第1段階工事の際に一に施工された第2段階の地下構造物が何年も間放置され、安全性、都市美及び品質の低下が懸念されている況である。

仁川経済庁は、第2段階事業と連して、2023年上半期までに中央投資審査の通過と事業予算の確保を完了し、その後、建築協議、施設計完了を202311月に着工、202512月に竣工する計画である

トセンタ仁川の第2段階事業が完工すれば、現在のコンサトホルにき、大公演会場とミュジアムまで完成することにより、クラシック音の公演はもちろん、オペラ、ダンス、演劇、ミュジカルなど多なジャンルの公演も可能となり、展示+施設まで備えることとなって、名共に世界最高水準の複合文化空間になることが期待される。またIFEZと仁川市を文化芸術グロバル都市として造成するのに大きく寄するものと期待される。


KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.