메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

仁川、公正経済先導都市として「早足」

公正経済5ヵ年基本計画樹立31の課題推進

 

仁川市は、不公正取引の慣行を根絶して公正な市場秩序を確立し、仁川を公正経済先導都市にするために、「仁川域市公正経済5ヵ年基本計」を樹立した。

仁川公正経済5ヵ年基本計は、▲公正取引、▲共生及び消費者、▲労働など3つの分野で31の課題から構成されている。

 

http://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210405/5b230491-7ac1-4ef7-964e-64f3683cd6c3.jpg

▲仁川市は、仁川を公正経済先導都市にするために、仁川域市公正経済5ヵ年計を立てた。写真は、仁川域市公正経済委員足式

 

公正取引分野は、公正な市場秩序確立のために、建設製造業の下請け、文化芸術分野など、不公正取引慣行の改善課題を推進し、小商工人の販路支援のための公共配達アプリサビス、健全な加盟事業文化定着のための加盟事業情報公開書の現場モニタリング事業を推進する。

 

共存協力を通じた同伴成長と消費者益保護のための共生及び消費者分野は、仁川グッズ、仁川eルの大運で小商工人の販路を支援し、創業生態系活性化のために創業企業の技術保護を推進する。

 

また、電子商取引の加に伴う消費者の益保護及び被害救事業も行われる。

http://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210405/6bb003b0-35d7-4f86-8567-e3b332f89fdc.jpg
▲仁川を公正経済都市にするコアビジネスの一つは、仁川e-EUMド事業である。 

 

労働分野は、労働者と零細企業を保護し、安全な労働環境づくりのために、小規模事業場など脆弱分野の事者たちの基本益保護と差別解消のための法律相談及び育を支援する。さらに、産業災害予防のための点と予防活動展開を通して、安全な労働環境を造成し、労働者の安全と保健進事業もげる予定だ。

市は31の事業のうち、9つの課題を今年の重点課題として選定し、首都公正経済協議体の協力課題として提案して推進する予定である。

仁川を公正経済先導都市にするコアビジネスは、▲加盟事業情報公開書の現場モニタリング▲公共配達アプリサビスの推進、▲仁川e-EUMの活性化、▲動物病院の診療費の不公正改善、▲共同住宅管理事者の態調査、▲産業災害予防システムの構築及び点検事業などである。


KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.