메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

松鶴洞市長官舎「仁川市民愛家」として再誕生

スロガン「仁川40年、矜持の史・希望の未」を選定

仁川市は63日、「仁川40年行事」連市民諮問団議で、行事スロガンを決定し、市長官舎の新しい名前を「仁川市民愛家」に確定した。

 

仁川市は去る54日、仁川門家と都市行政門家、行事画専門家と一般市民、市民体の代表などで構成される「仁川40年行事市民諮問団」の最初の議以降、2度目の市民諮問団議を開いて、このよう決定した。

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210607/d1d81c2a-b4cf-4f28-ad92-24aee980c540.jpg

▲旧松鶴洞市長官舎の全景。ここは市民投票により「仁川市民愛家」として再誕生する。


初回の会議の時に議論された▲行事スロガンと▲旧市長官舎の新しい名前について、512日から21日までの10日間、オンライン市民投票で最終案を選定した。

 

仁川40年行事スロガンと市長官舎に対するオンライン投票は、市民445人が加した結果、行事スロガンには「仁川40年、矜持の史・希望の未」が選定された。

 

また、旧市長官舎の新しい名前には、「仁川市民愛家」が選ばれた。

.

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210607/6b0240fb-b696-46a8-ac60-283aacd39e33.jpg

▲仁川市長官として使用した松鶴洞官舎の正門  ​​

 

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210607/fb5b75f4-c95b-4529-bda1-a3ca6cdd9b30.jpg

▲旧松鶴洞市長官舎の定礎石


また、この日の諮問団議では、「仁川40年行事」EIevent identity)も最終選定された。

諮問で最終選定した案は、仁川の海の色を水滴パタ3個で構成し、それぞれの水滴パタンは、過去、現在、未を象する。特に波で表現されたパタンは、幾重にも築かれた矜持の史を意味し、自由な形で表現された円形パタンは、新しい時代を準備するい未を表現している。

色はを主な色とするが、40年を象する部分はポイント色を多に活用して、明るく希望にちた未を進取的に表現した。

 

ファン・ギュチョル市民諮問長は、「りの期間、『仁川40年』という意味のある行事を市民に前もってよく知らせ、行事だけでなく、これまでに仁川が成し遂げたことを共有し、これから達成することを討論する意味ある場とならなければならない」と述べた。
 
ヨ・ジュンヒョプ企調整室長は、「市民が、今回の行事を通じて仁川市民としてのアイデンティティと誇りを高めることができる意義深い機会とすることができように、りの期間、仁川市全体の能力を結集して最善をくしたい」と述べた。

 

仁川市は、「仁川40年行事」Webジを構築して、610日からホムペジを通じて行事を紹介し、主なプログラムにする情報を提供し、また一部のプログラムについては予約を行う計である。


KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.