메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

富平キャンプマーケット未来10年ロードマップ完成

市民加、公園造成、史記録化など推進

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210609/ccf5c1df-ccac-4228-82ed-cb0ceb11f713.jpg

▲キャンプマケットは、返還決定(2003年)以降も、環境汚染のに対する韓米両国間の立場の違いで約16年間、てきた201912月、困難な中でキャンプマケットを返還された仁川市は、な限定的な件の中でも休む暇もなく走ってきた写真は、富平キャンプマケッASCOMシティの米軍工兵隊施設


仁川市は、富平米軍基地(キャンプマケット)の返還から公園造成完了時点までの行動計画である「Welcome Toキャンプマケット富平未10年ロドマップ」を作成した。

 

キャンプマケットは、返還決定(2003年)以降も、環境汚染の化に対する韓米両国間の立場の違いで約16年間、延してきた。201912月、困難な中でキャンプマケットを返還された仁川市は、▲莫大な土地購入費(約5000億ウォン)、▲迅速な土汚染化着手(2019. 6.)、▲未返還域境界フェンス及び臨時開放、▲市民の意見を知る、▲道路開設及び不法建築物整備など、所有がないという限定的な件の中でも休む暇もなく走ってきた。

ドマップには、時期別(過去現在略課題を確立し、▲米軍供与区域の解除及び返還、▲土汚染化と土地購入、▲市民コミュニケション及び活用方案、▲(4段階)公園造成計画及び工事施行計などがある。

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210609/d366f321-9719-42a2-854e-4cc2529d61bf.jpg

仁川市は、富平米軍基地(キャンプマーケット)の返還から公園造成完了時点までの行動計画である「Welcome Toキャンプマーケット富平未来10年ロードマップ」を作成した。写真はロドマップの一部ある。


また、分野別計画として、▲市民公論化推進方案、▲加ガバナンス構築方案、▲公園造成計画及び事業施行、▲都市計画変更、▲史記録化(アカイブ)推進計画がある

 

この中で、最も重点的に扱った容は、市民公論化推進方策で、市民が直接加することができるなプログラム(市民公募、市民参加団、世論調査、献寿運動など)を構想することで、これは現在進行中である。これは今年3月、市民請願時、キャンプマケット公園造成に直接加するという市民の意見を市が反映したものである。

 

市は、市民公論化を始める前に、市民の意見を求める方法について政策究を通じて公論化案を策定することにした。体系的に正確な市民の意見を聞くために、時間がかかっても、このような方法を選した。 

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210609/4a3e85f3-99a2-47cf-8816-ea4a8fc50dfb.jpg

▲キャンプマケットの位置図。ロドマップによると、2028年ごろには、米軍基地が完全な公園の姿に化して、市民の生活の中にることができると予想される。


今年末までに、在韓米軍基地(キャンプマケット)の全域返還が行われるが、今後、環境汚染調査と環境化作業などの課題がっており、この期間の間、市民公論化をて、公園造成案を策定する計だ。

 

チョン・ドンソク仁川市都市計局長は、「ロドマップの作成に直接加して略目標を定め、具体的に推進する事項を羅列してみると、今後すべきことが、地のように鮮明に見えるようになった。また重要な時期を逃さずに、市民とあらかじめ相談して、備えることができるようになった」と言いながら、「仁川市民の力でキャンプマケット公園造成が完成することを希望する」と述べた。

 

市は返還直後、コロナの生で多くの市民に直接うことが難しかったが、集免疫形成後には、本格的に市民公論化を続けていく方針だ。ロドマップによると、2028年ごろには、米軍基地が完全な公園の姿に化して、市民の生活の中にることができると予想される。


 


KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.