메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

仁川ホワイトバイオ産業育成、中心地に浮上

産資部「プラスチック代替物質素材部品...」に最終選定

仁川市は49日に表した「ホワイトバイオ産業育成略」と連する政府公募事業に相次いで選ばれる快を成し遂げた。産業通商資源部の「プラスチック代替物質素材部品装備産業支援センタ構築事業」行機として最終的に選定されたと21日、明らかにした。

産業通商資源部「産業革新基盤構築事業」は、産学研が共同利用することができる核心産業技術分野の施設設備造成を支援する事業である。

 

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210621/3819b78e-0d7c-44a4-b329-6b6a4a0d6df5.jpg

▲朴南春仁川市長が9日、市庁接見室で開かれた「ホワイトバイオ産業育成連ビデオ議」を主宰している。


「プラスチック代替物質素材部品装備産業支援センタ」は、2025年までに事業費150億ウォン(70億、仁川市15億、民間65億)が投入されて仁川大学校の敷地に構築される。加機には、韓建設生活環境試験研究院(KCL)、仁川大、韓石油化、韓プラスチック産業協同組合が協力する。

 

仁川市は、な環境(土、海洋、水系、嫌環境)での生分解度評、分解産物の生態毒性評、プラスチック果ガス削減確認のためのバイオマス含有量評など、試インフラと生分解性プラスチックの生産--再資源化等、全周期的好循環生態系を造成するためのバイオ棄物証設備、石油系生分解性原料開支援のためのパイロットを構築する予定である。

 

また、生分解及びバイオマス分野について、センタ行した成績書が海外で認められるように、グロバル認証機であるTUVラインランド(DIN CERTCO認証)と業務協約を通じて輸出企業を支援する予定である。
 

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210621/978374b5-a547-4038-a018-359198cfd049.jpg

▲ホワイトバイオ


仁川市は今後、生分解性プラスチックに対して、DIN CERTCO認証システムをもとに、TUVラインランド、韓バイオプラスチック協、韓建設生活環境試験研究院などと、「仁川型認証制度」を開する計であり、産業部と共同で民間認証システムを構築し、普及・拡散を推進する予定である。

 

また、標準開支援、国内外のコンファレンス開催と人材育成及び試製品製作支援などを通して、ホワイトバイオ産業分野企業の競化と事業化を促進するための支援システムを高度化する。


KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.