메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

コミュニケーションで成し遂げた仁川燃料電池発電所の竣工

官民協治で貴い結果、87千余世帯にエネルギ供給

仁川市東に位置する仁川燃料電池(株)電所が去る72日竣工式を行い、年間32000kWhを生産して仁川市東帯の87000余世に供給し、26000余世帯で使用できる熱エネルギも供給することができるようになった。

 

仁川市は201911月、仁川市と東区庁、住民側非常策委、事業者間のコミュニケションを通して合意点を見つけて推進した仁川市東の仁川燃料電池(株)電所が72日、ついに竣工式を行ったと発表した。

仁川市東区に位置する仁川燃料電池(株)発電所が去る72日竣工式を行い、年間32000kWhの電気を生産して仁川市東区一帯87000余世帯に供給し、26000余世帯で使用できる熱エネルギーも供給することができるようになった。写真は去る2日に竣工された仁川燃料電池電所。


同竣工式には、パク・ナムチュン仁川市長をはじめ、パク・チンギュ産業通商資源部次官、ホ・ジョンシク国会議員、イ・ソンマン国会議員、韓水力原子力鄭載勲社長などが、地域住民と一加した。

 

東区水素燃料電池電所の事業は、20176月、仁川市と東区庁、韓水力原子力、斗山、三千里、仁川合エネルギ(株)が書を締結して推進されたが、安全性などを憂慮した地域住民との葛藤で、20191月工事が中された。

 

その後、仁川市が住民側の非常策委と東区庁、事業者などを集めて協議体を構成し、コミュニケションを通して接点を見つけた結果、1911月、劇的に官民合意を引き出して工事は再開された。

 



▲(上)同竣工式には、パク・ナムチュン仁川市長をはじめ、パクチンギュ産業通商資源部次官、ホジョンシク国会議員、イソンマン国会議員、韓水力原子力鄭載社長などが、地域住民と一加した。(下)仁川燃料電池(株)は、韓水力原子力60%、三千里と斗山建設がそれぞれ20%ずつ共同出資した社で、今回竣工した水素燃料電所は、電容量39.6MWで年間87千余世が使用できる規模である。

 

仁川燃料電池(株)は、韓水力原子力60%、三千里と斗山建設がそれぞれ20%ずつ共同出資した社で、今回竣工した水素燃料電所は、電容量39.6MWで年間87千余世が使用できる規模である。

仁川燃料電池(株)電所では、燃料電池に対する住民の理解を助けるために、住民体験広報館も運している。

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.