메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

公営駐車場、ハイパスのように利用する

仁川市、Tmapと協力してスマト駐車システム構築、料金自動決済

 

仁川市は駐車場の先進化と市民の利便性のために、ティマップモビリティのTmapと手を組んだ。仁川市は管内公駐車場利用の利便性と駐車場アクセスの改善などのために、「スマト駐車システム」構築を開始する。

仁川市は、公駐車場の先進化と市民の利便性のために、ティマップモビリティのTmapと手を組んだ。仁川市は管駐車場利用の利便性と駐車場アクセス改善などのために、「スマト駐車システム」構築を開始する。 

仁川市は、昨年11月、ティマップモビリティと「スマト駐車システム」構築のために業務協約を締結し、今年3月、仁川市駐車場問題の改善と公駐車場のスマトな環境構築などのために、駐車合計20212025)を策定した。

「スマート駐車システム」は、スマトフォンアプリを通して公駐車場の索・料金決済・現況情報などを照し、無人で運可能なシステム構築を意味する。

利用者の車が駐車場に進入すると、駐車管制装置が車を認識し、あらかじめ登しておいたクレジットカドで駐車料金が自動課金され、手動で精算手きをしなくても、ハイパスのように駐車・出庫が可能である。

 

市は76日、市本庁付設駐車場から始めて、「Tマップ駐車」アプリを使用する人は誰でも、スマト駐車システム環境を利用できるようにし、2023年までには管350以上のすべての公(有料)路外駐車場で、スマート駐車システムを利用できるように推進する計である。
 

▲仁川市が造成したスマト駐車システムは、車が駐車場に進入すると、駐車管制装置が車を認識し、あらかじめ登しておいたクレジットカドで駐車料金が自動課金され、手動で精算手きをしなくても、ハイパスのように駐車出庫が可能である。写真は使用者がTmapを操作している子。


 

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.