메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

仁川の未来食航空産業「翼をつけた」

「バイオ産業」と共に経済成長と年雇用創出動力

政府は、仁川際空港に海外複合航空整備(MRO)業者誘致などを集中支援することにしたとし、仁川市が推進中のMRO産業をはじめとする全般的な「仁川航空産業」に大きなみが予想される。


 仁川航空産業が活性化する場合、すでに進められている「仁川バイオ産業」と共に、仁川は未来食に両翼を備えることになる。仁川地域の新たな経済成長と年雇用創出力動力が作られるということである。



https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210818/12c6c528-0bde-47f6-a1f3-23eca8d3a1b0.jpg

仁川航空産業が活性化する場合、すでに進められている「仁川バイオ産業」と共に、仁川は未来食に両翼を備えることになる。仁川地域の新たな経済成長と青年雇用創出力動力が作られるということである。写真は航空機改造の様子、シャプテクニクス提供。  


去る16日、仁川市によると、政府は12日開催された「第43回非常経済中央策本部議」を通して、仁川を複合航空整備事業分野に対して育成・支援する容を骨子とする「航空整備産業競化案」413主要政策を表した。


議の具体的結果によると、政府は地域別に分散・推進されているMROクラスタ間の重複投資を防止するために、地域別特化分野育成支援にり出す予定であり、仁川空港は海外複合MRO業者誘致などを推進することにした。


すでに仁川市は、MRO産業活性化のために、海外企業誘致などに力を入れている。民選7期初年度の2018年からイスラエルIAI社の航空機改造事業誘致を推進し、新型コロナ大流行の中でもこれを成功裏に完了させた。


市はまた、米貨物航空社の重整備アジアハブ、大韓航空の統合航空機エンジン整備クラスタ誘致などを推進している。



 https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210818/526fe95f-850d-44e9-bfff-d54116314f72.jpg

▲朴南春仁川域市長が2020720日、仁川市中央ホルで開かれた「仁川空港経済圏推進協議会発足式」で、具本煥仁川際空港公社社長及び9代表者と協約を締結した後、紙飛行機を飛ばしている。 


仁川をグロバル高付加値航空整備を中心に大換させる事業構造改革にり出した。連事業が本格施行される2025年には、仁川がアジア第1の航空整備産業のハブになると市は期待している。


これと連して、仁川市は今回の政府方針を契機に「仁川航空産業」を集中育成し、「バイオ産業」と共に仁川経済をリドする中核産業にするという方針である。


仁川産業構造の中心根産業である製造業(自動車中心)が推進している「技術高度化と事業多角化」を、付加値と雇用創出果が高い航空業界で支援する予定である。



 https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210818/4791d8ef-30d5-4082-92a2-35383dfe2afd.jpg

▲航空整備はグロバル高付加値事業で、2025年には仁川がアジア第1の航空整備産業のハブとなることが期待される。写真は今年1月、韓ポリテク大学南仁川キャンパスで開かれた「航空MRO特化キャンパス宣布式」の様子。

特に自動車産業と航空産業が融複合する都心航空交通(Urban Air Mobility)システムに対する都市需要性を高めることにした。これにより、政府が推進するUAM商用化の時期である2025年には、世界で最も早くUAMを活用する都市に展させ、自動車産業と連携した先端航空産業が根産業を牽引するようにする方針である。 


このため、仁川都心の空の道を分析し、これをデジタルツインシステムに転換する事業を2021年から2025年まで段階的に進行する予定である。今年は「仁川型都心航空交通(UAM)プラットフォム」を構築する事業を進めている。


ジャイロプレンに対する独歩的技術を活用したUAM飛行体開発会社である米スカイワクス・エアロノティクスとUAM用バッテリを開するメビウスエネルギコンソシアムと国内の大韓航空などが「仁川型UAMプラットフォム」をベスに、証飛行と商用化試を仁川で2022年から施行する予定である。

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210818/2a77f2ff-ce00-47e5-9d74-9ef919b45aff.jpg


▲仁川市は「仁川型都心航空交通(UAM)プラットフォム」を構築する事業を進めている。写真は都心航空交通(UAM)、写真処は「現代自動車」 


市はまた、連産業を担う人材育成及び創出にも力を入れることにした。高付加値産業であり雇用果が高い労働集約的な航空産業の特を利用して、仁川は高校生から大生、未就業者から在職者に至る全周期にわたる技術育を2021年から「航空産業はしご型育システム」として支援する計画である。これにより年間1270人余りの航空産業門人材を本格的に育成する計だ。
 

特に航空業界在職者教育を除く670人余りの育訓練は育であり、政府が今回の「航空整備産業競化策」で提示した2030年まで23000人雇用大計を、仁川の「航空業界はしご型育システム」が支援する予定である。


また、未来年人材のための体系的育のために、仁川市と航空宇宙マイスタ高校の設立を推進することにした。2025年から航空整備、都心航空交通、宇宙産業に至る384人の年人材を養成して、従来の静石航空高校と韓ポリテク航空整備特化キャンパス(南仁川キャンパス)の支援にり出す方針だ。


また、市はUAM連創業支援プログラムを通して3つの革新企業を選定し、これらの企業は911月まで米LAとフランスのパリでグロバル投資家とってユニコン企業として成長するための投資誘致を進める予定である。











 




KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.