메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

松島延世大国際キャンパス2段階造成に拍車

松島11工区、製バイオ用化センター・

バイオ工程人材養成センタ建設

仁川自由経済庁は、松島セブランス病院と延世サイエンスパクなどを建設する延世大際キャンパス2段階造成に拍車をかけている。


仁川経済庁は最近、松島際都市延世大際キャンパスで、「延世大際キャンパス2段階造成(サイエンスパク)のために今年第3務協議を開催した。



 https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210809/e218576a-15ed-421f-a78c-435d009ddd2b.jpg

▲仁川自由経済庁は、松島セブランス病院と延世サイエンスパクなどを建設する延世大際キャンパス2段階造成に拍車をかけている。写真IFEZ松島際都市の様子


この日の協議で、松島際化複合地開(株)とGS建設コンソシアムが延世大際キャンパス2段階造成と連して、松島11工区収益用敷地に共同住宅とオフィステルを建てる事業協約を6月末に締結したことに伴い、松島セブランス病院建設支援と延世サイエンスパク造成などに対する詳細事項を議論した。


仁川経済庁は、松島セブランス病院建設と延世サイエンスパク造成事業が正常に推進されるように、日程別細部推進計(案)を延世大側に提案した。 


延世大は、松島セブランス病院建設が、仁川市と締結した事業協約に基づいて2022年着工、2026年竣工を目標に正常に進展しているとし、延世大際キャンパス2段階造成に伴う開利益金投入などの詳細日程は、行案を作成して今後再び議論する予定だという。


 https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210809/72413569-794a-4ff7-85bb-c357db4ccb85.jpg

▲延世大は、松島セブランス病院建設が、仁川市と締結した事業協約に基づいて2022年着工、2026年竣工を目標に正常に進展しているとし、延世大際キャンパス2段階造成に伴う開利益金投入などの詳細日程は、行案を作成して今後再び議論する予定だと言う。写真は、松島際都市に造成された延世大際キャンパス。 

また、延世大は、延世サイエンスパク造成の最初の事業である製薬バイオ用化センター及びバイオ工程人材養成センタ建設と、大院生など究人材1000人を誘致するための「職員・研究員寄宿舎」建設を今年推進する計であり、迅速な行政手きが行われるように仁川経済庁に協力を要請した。


オム・テホ延世大YSP略企画団長は、「K-バイオラボハブ候補地として最近、松島が確定されるに伴い、松島セブランス病院と延世サイエンスパク造成に大きな相乗効果をもたらすだろう」とし、「延世大際キャンパスをベスとする革新クラスタ構築のために努力する」と述べた。


延世大際キャンパス2段階造成事業は、松島7工区の延世大際キャンパスの未開敷地(246,486㎡)と11工区究用地(141,291㎡)など計387777㎡を活用して、△500病床以上の究中心病院建設 △融合究、創業ベンチャ、融合育、未来革新、産協力、コミュニケション革新など6域(Zone)で構成される延世サイエンスパク造成が骨子である。


 https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210809/13668789-3262-40a3-bb31-478b5bcfa714.jpg

▲松島に建設される延世大国際キャンパス2段階造成事業は、松島7工区の延世大国際キャンパス内の未開発敷地(246,486㎡)と11工区教育研究用地(141,291㎡)など計387777㎡を活用して、△500病床以上の研究中心病院建設融合研究、創業ベンチャー、融合教育、未来革新、産学協力、コミュニケーション革新など6区域(Zone)で構成される延世サイエンスパーク造成が骨子である。 




KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.