메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

「グローバル専門人材養成」、仁川バイオ産業をリード


ワクチンプロセス育実施、人材養成センタ2022年下半期に着工



https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210901/3d87fbf1-f67a-42ca-8557-140aa6414d68.jpg



▲仁川市では、昨年10月に誘致した「韓NIBRTプログラム運営及びバイオプロセス人材養成センタ構築事業」が、行政手きをた後、8月の設計公募と9月のワクチン育で本格化する。写真20201015日、仁川市バイオプロセス人材養成センタ誘致を確定した後の記念写真



仁川市では、昨年10月に誘致した「韓国型NIBRTプログラム運営及びバイオプロセス人材養成センター構築事業」が、行政手続きを経た後、8月の設計公募と9月のワクチン教育で本格化する。


地上4階、延べ面積6600㎡規模で新築された「バイオプロセス人材養成センタ構築事業」の設計公募は826日から始まり、受付は1027日午後5時まで。


今回の設計公募後、11月に選者を選定し、センタ構築は、基本及び施設計をて、2022年下半期に着工する計で、20241月開所を目標にしている。

 https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210901/a33757b9-d20f-445b-aeb4-36328885ef3f.jpg



 「韓NIBRTプログラム運」は、産業通商資源部と保健福祉部、仁川域市、仁川テクノパク、延世大校が、バイオプロセス分野の門人材養成のために推進する策事業で、アイルランドのバイオ医薬品人材養成機であるNIBRT育システムを韓情に合わせて実施する。写真は、2018年松島コンベンシアグランドボルルムで開かれた「2018バイオ仁川フォラム(BigC )」。 



「韓国型NIBRTプログラム運営」は、産業通商資源部と保健福祉部、仁川広域市、仁川テクノパーク、延世大学校が、バイオプロセス分野の専門人材養成のために推進する国策事業で、アイルランドのバイオ医薬品人材養成機関であるNIBRTの教育システムを韓国の実情に合わせて実施する。バイオプロセス分野の試験教育は、11月から行われる予定で、この試験教施前のワクチンプロセス育がまず実施される。


ワクチンプロセス育は、今年8月初め、政府の「K-グロバルワクチンハブ化ビジョン及び略」表に基づいて「韓NIBRT-ワクチン門人材養成支援事業」に反映された事業で、今回の仁川市第3回追加更生で事業費40億ウォン(28億、市費12億)の予算が編成され、新規事業として推進する事業である。


 https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210901/85a5b97f-ab41-4d2a-9cb9-309c000995fe.jpg


▲ワクチンプロセス育は、未来の新たなパンデミックと新型コロナ異株に最も素早く対応できるmRNAワクチン連プロセス要素技術の産化の必要にじて、新たに施行される事業である。写真は、2019年松島コンベンシアで開催された「バイオ仁川グロバルカンファレンス」の子。



ワクチンプロセス教育は、未来の新たなパンデミックと新型コロナ変異株に最も素早く対応できるmRNAワクチン関連プロセス要素技術の国産化の必要に応じて、新たに施行される事業である。


96日から1224日まで、短期以上を卒業した者を象に、期別に30人ずつ計4回にわたり120人を育する。

教育課程は、基礎、深化、ワクチン特化など計3つの理論講義育講座と培養、精製、完製、分析、ユティリティなど計5つのモジュルの育で構成されており、理論育はオンラインで行い、実習教育は現場習で行われる。これと連する開所式は、96日午前1130分、延世大際キャンパスでオンオフラインで同時開催される。


* mRNAmessenger Ribo Nucleic Acid)プロセス技術は、モデルナ、ファイザ-BioNTechCureVacなどに使用される最新プロセスで用分野が多で、波及果が大きい。




KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.