메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

世界が認めた仁川水道水、安心してお召し上がり下さい!

公村富平寿山南洞水場ISO22000認証

仁川の水道水は、食品に準ずる衛生管理システムを作り、際認証を取得して、さらにきれいな水道水の供給が期待できるようになった。



 http://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210908/d8d32afa-a646-40d4-925b-50da0e8a7415.jpg


仁川の水道水は、食品に準ずる衛生管理システムを作り、国際認証を取得して、さらにきれいな水道水の供給が期待できるようになった。写真は富平水場。


仁川市上水道事業本部は8日、仁川の水道水が、国際標準化機構食品安全経営システム(ISO 22000際認証を2日、取得し、際標準認証書を受けたと発表した。


今回のISO 22000認証取得は、仁川の水道水が体系的な衛生管理・食品安全管理を通して、密に生産・供給されていることが際的に認められたことを意味する。



際衛生管理基準に達してISO 22000を取得した象は、仁川管4つの水場(公村富平寿山南洞水場)の取水から浄水生産供給全体と、詰めミチュホルチャムムル生産設備などである。



http://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210908/a9936d7b-de02-4baa-adb3-d6ed2919520d.jpg


国際衛生管理基準に達してISO 22000を取得した対象は、仁川管内の4つの浄水場(公村・富平・寿山・南洞浄水場)の取水から浄水生産供給全体と、瓶詰めミチュホルチャムムル生産設備などである。写真は仁川市の水道水で作ったミネラルウォー。


 http://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210908/cc938463-507d-4d20-8075-47f767b9975e.jpg


▲今回ISO22000認証象に含まれた公村水場


ISO 22000は、国際標準化機構ISO)で開した食品安全経営システム(Food Safety Management System)で、食品の原材料の生産、製造、加工、保存、流通段階等、各段階で生し得る危険要素を果的に管理するために規定した際標準規格である。



今回の際標準認証は、上水道連食品安全経営システム認証機である英国規格協会(BSI)を通して行われ、BSIは先月4つの浄水事業所(詰めミチュホルチャムムル生産設備を含む)について現地実査を終えた。



仁川上水道本部は、昨年12月からISO 22000取得のために管内水場に対する大規模な施設改善を推進した。



まず、ISO22000際認証を取得するために要求される防虫設備、建具交換、衛生前室設置と、格な衛生管理に備えて活性炭吸着池池別密閉、活性炭吸着池幼虫遮装置設置など、施設に128億ウォンを投入して完了した。



 http://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210908/63e7979c-0856-4de9-a532-8d582cae4bbb.jpg

▲仁川域市長が最近、南洞浄水事業所を訪問し、仁川市水道水の生産施設を点している。 


ろ過池塗装事業と衛生管理改善事業は、今後も継続的に進める。今年12月までろ過池塗装事業を行い、2022年にも188億ウォンを投入して衛生管理改善及び追加連事業をけていく計である。



国で初めて、富平と公村水場に設置した幼虫遮装置もベストプラクティスとして好評を得ている。この装置は、理過程の最終段階に設置されるもので、微細な異物まで遮する果がある。


 

これに朴南春仁川市長は「市民が安心してむことができるきれいな水道水の供給を上水道の最優先課題とし、全職員が心を一つにして骨を削る努力をした」とし、「今回のISO 22000認証取得は、仁川の水道水が安全な食品レベルで密に管理されていることを証したものである。市民がいっそう良くなった仁川の水道水を体感することができるように、今回のように市民との約束を一つ一つ実現していく」と述べた。


 http://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210908/f0963bae-1534-4e65-b1e0-bcdfb4a14cb1.jpg

▲仁川市は8日、ソン・ギョンスBSI(英規格協)韓国総括代表からISO22000認証書が伝達された。


達式で、ソン・ギョンスBSI国総括代表は「私を含むBSIの審査員たちも、今後定期的に行われる事後審査を通して、仁川上水道事業本部が、食品安全経営システムを果的に行して可視的な成果を上げるのに一助となるよう努める」ことを約束し、「食品安全経営システムの構築と審査準備に努めた人たちの苦に感謝する」と述べた。

朴南春仁川市長はこの日、市庁でソン・ギョンスBSI(英規格協)韓国総括代表から認証書が伝達された。達式には、シン・ウンホ仁川域市議議長、イム・ドンジュ産業経済委員長をはじめ、キム・ソンジャ健康な水道水委員委員などが加した。



一方、現在のISO 22000認証取得事例は、国内ではソウル市、富川市、金海市、順天市、海外では日本の大阪、スペインのアクバル、オストラリアのメルボルンなどにあり、非常に先進化された水場である。


KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.