메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

仁川、地方政府初のXRメタバース構築「位相すうっ~」

「仁川クラフト」体ン運など、見どころ及び体会を提供

 

仁川市は、地方政府で初めてXRメタバース構築事業を推進し、グロバルスマトシティの位相構築にり出す。

 

仁川市は、26日から29日まで4日間、ソウルCOEXで開催される「第1回メタバースコリア(Metaverse Korea 2021)」に加する。 

 

仁川市は、今回の展示で「XRメタバース仁川つなぎプロジェクト」を紹介し、連デバイスを披露する予定である。

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20211025/28108e24-fe6f-4e0d-8efc-aab2657e35f9.jpg

▲メタバスコリア展示に設置される仁川市報展示館の鳥瞰


XRメタバース仁川つなぎプロジェクト」は、仁川際空港、開港場、松島、富平など380万㎡の3次元空間地を構築し、これを基に5Gと連携したルート検索、光、ショッピングなどのメタバース便のサビスを提供し、視障害者など社的弱者のためのXRガラスなどを開する事業である。

 

仁川市が主管し、NAVER LABS、仁川際空港公社など計10社がコンソシアムで加している。

 

このほかにも、仁川市報展示館では仮想現空間で過去と未が共存する相反する魅力の都市仁川を体できるようにした「仁川クラフト」体ンを運する。

 

またデジタルツイン張とデタダム構築事業を紹介し、メタバースデジタルツイン分野の門家講演などのコンテンツを構成し、観覧客に多な見どころや体を提供する。

 

キムジヨン市スマト都市担官は「今回の展示会参加は、デジタル大換時代を迎えて、メタバース産業とIT技術の最新トレンドを眺望し、韓市スマト技術の現状を確認する良い機」だとし、「地方政府初のXRメタバース構築事業を推進するだけに、事業を成功裏に終えることができるよう最善をくす」と語った。

 

仁川市は去る5月、科技術情報通信部と韓電波振興協がデジタルニュディル事業の一環として推進中の「5Gコンテンツフラッグシッププロジェクト」公募事業に選定され、80億ウォンなど138億ウォンが投入される「XRメタバース仁川つなぎプロジェクト」を推進している。

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.