메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

ロボット産業クラスター造成に青信号

連企業と投資誘致協約、ロボット証支援センタ建設

仁川市が推進中の国内最大規模のロボット産業クラスタ造成にがついた。

 

仁川市は、経済自由域の青羅国際都市に造成している仁川ロボット産業革新クラスタ(仁川ロボットランド)に最近、ロボット連企業からの投資関連の問い合わせが相次いでいると明らかにした。

 

 https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20211026/3deb826f-4ce1-4872-948e-627ba80d20ce.jpg

▲仁川市が推進中の国内最大規模のロボット産業クラスタ造成にがついた。仁川市は、経済自由域の青羅国際都市に造成している仁川ロボット産業革新クラスタ(仁川ロボットランド)に最近、ロボット連企業からの投資関連の問い合わせが相次いでいると明らかにした。写真はロボット産業振興センターの全景

仁川市は今年6月、産業通商資源部により仁川ロボットランド開画変更(ロボットテマパク→ロボット産業クラスタ)が承認され、産業用地(249,803㎡)にするロボット企業の投資誘致の報を本格化した。

これまで、育用ロボット国内1位企業の()ロボロボ投資協約をはじめ、物流ロボット門企業ポテネット()、試分析門企業()ウィドネック、サビスロボット上場企業などと投資誘致協約を締結した。

また、産業用ロボット企業と大企業、中堅中小企業など10社以上のロボット企業が、本社及び究所移とロボット証空間造成など、産業用地への投資の意志を提案している。

 https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20211026/23d2c10f-5efe-4042-853f-a9368998c098.jpg

仁川市は、ロボット産業革新クラスター(仁川ロボットランド)は来年、基盤工事設計に着手し、2024年末までに基盤工事を完了する予定である。写真はロボットランドの鳥瞰

 

仁川市は、ロボット産業革新クラスタ(仁川ロボットランド)は年、基盤工事設計に着手し、2024年末までに基盤工事を完了する予定である。

これにより、年中旬までに投資企業を掘し、ロボット企業が成長できる最適な環境を造成して、韓国を代表するロボット産業のメッカとして推進する方針である。

青羅にはロボット証支援センター・コネクテッドカ素材部品認証評センタの建設が確定し、ロボットに活用される未エネルギ支援センタなどが討されている。

特に仁川地下7(2027)、第3連陸橋(2025)療複合施設(峨山病院、2027)、現代モビス水素生産施設構築(2023)など、最高の企業環境が造成される見通しである。

一方、仁川ロボットランド造成事業は、青羅国際都市に769,279㎡規模でロボット産業クラスタを造成する事業で、産業用地、業務用地、ロボット体施設、商業施設などで構成されている。

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.