메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

灰色工場仁川産団、新しい100年を準備する

大韓民産業化を導いてきた仁川産業地が、新たな100年のための大的な身をる。

仁川市は25日、「産業文化空間大改造業務協約式及びビジョン宣布式」を開催した。

産業地の製造機能はそのまま維持しながら、労働者と少年が未をかけて再び訪ねることができる空間にするという意志をめた。

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20211129/0d1fc356-2959-43af-bf83-5cc403768727.jpg

仁川広域市は25日、南洞区JPSコスメティックで開かれた「産業文化空間大改造ビジョン宣布式」で、仁川産団活性化総合ビジョンを発表した。


これまでの大韓民産業化を導いた仁川産団は、老朽化による劣な業務環境で、年たちが忌避すると共に、徐に活力を失っている。「灰色工場」の否定的認識を変えることができる改善案が必要だ。

そこで仁川市は、産業地を文化ランドマクとして構築し、「日中はビジネス空間、夜は産業文化空間に」進化した新たな100年を準備する計だ。

これを実践するための3大目標として、大規模住居空間と隣接する産団の特性を活かした活力あふれるランドマクの造成と、民間と協力した消費文化コンテンツ空間の造成、最後に産業地に年と市民が定住できる生活の基礎造成を提示した。

 

本事業の最初の始まりである南洞産業地は、場所の競力、特化した産業文化、市民・労働者を中心に休息ショッピングのための空間(点)を設定し、それぞれの象地を道(線)でつなげ、最終的には中心軸(面)に大する点‧線‧面の念を導入して、35域で中心軸と域別に特色ある空間を設ける具体的現方案を表した。

特にブランド体空間が計されているAンには、際文化場を造成し、南産団に勤める外人とのコミュニケションと理解の空間に貌する。

延寿区とつながっている承基川行橋につながったBンは、創業と育空間に特化し、虎口浦駅など交通の要衝地であるCンは、年が訪ねることができる休憩と文化芸術的空間とともに住居の機能も可能にする。

Dンは、産団の索漠としたイメジからけ出して、市民と労働者がヒーリングできる生態文化空間として、家具地が密集したEンは木材に連する融合型文化空間に身する予定だ。

 

朴春南市長は「産業文化空間大改造事業は、産業地の固有の機能と役割を維持しながら、産業地を年と市民に開放する事業で、企業の加と努力が切だ」とし、「仁川市も成功的事業推進のため、より多くコミュニケションし協力して、すべての能力を発揮する」と明らかにした。

一方、JPSコスメティック、インペソ、サムスン工業など、多くの企業がオフラインとオンライン(YouTube)で加し、産再跳躍の第一を祝った。

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.