메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

超大型黔丹新都市博物館、2025年開館

黔丹新都市の公園に建築、新石器~朝鮮時代の家跡·遺物などを

仁川黔丹新都市に建設される予定の(仮)黔丹新都市博物館が下半期、文化体育光部公立博物館設立妥性事前評を通過した。

 

仁川市は文化体育光部から今年8月の書面審査、93日の建設予定地現場での査、1029日の審査委員への面報告および質疑答の3段階の審査過程をた結果、黔丹新都市博物館の建設事業が「適合」という決定を受けた。

 

黔丹新都市博物館は25年の開館を目標に黔丹新都市の近隣14公園の敷地に建築延べ面積1363(地下1階、地上3)、野外展示場約1500㎡で現在の市立博物館の2倍、黔丹先史博物館の5倍の規模で建設される予定で、韓土地住宅公社と仁川都市公社が共同建設し、建設後には仁川市が無償で直接運する計だ。

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20211117/7961bb29-90ff-48f8-8652-e335314ae9c4.jpg

▲黔丹新都市博物館は2025年開館を目標に、黔丹新都市内の近隣14号公園の敷地に総床面積1363(地下1階、地上3)、屋外展示場約1500㎡で、現在の市立博物館の2倍、黔丹先史博物館の5倍の規模で建設される予定だ。 写真は黔丹新都市博物館の鳥瞰図。


これまでの黔丹新都市開のための文化財掘調査の結果、銅器時代の大規模集落地域はもちろん新石器から朝鮮時代までの家跡と建物跡、墓や釜など史料的値が高い多な遺跡遺物が確認された。

 

仁川市はこのような掘文化財にする体系的で安定的な保存・研展示点の必要性と黔丹新都市開事業による大量の人口流入および文化需要に対応するため、新しい博物館の建立を推進した。

 

黔丹地域には存の黔丹先史博物館(2008年開館、床面積1970)を運しているが規模が小さく、博物館の機能と展示空間を大する必要性があると提起されてきた。これにより黔丹新都市博物館が建設されれば黔丹先史博物館は黔丹新都市博物館に統合して運する予定である。

 

公立博物館の設立妥性事前評で適合評を受け、博物館建設事業の推進にみがついたことから、2022年上半期の際設計公募を皮切りに2023年に着工し、2025年までに竣工開館する計である。

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.