메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

富平キャンプマーケット記録事業本格化

公共的利用方案模索及び開かれたアーカイブプラットフォーム構築

仁川市がキャンプマーケット記録化事業を本格化する。



仁川市は去る23日、「キャンプマーケットアーカイブ構築基本計画樹立」のための用役を締結した。キャンプマーケット記録物の体系的管理と公共的活用方案模索を通して、開かれたアーカイブプラットフォームを構築するというものである。

  
   

仁川新しい未来に戻ってきた「富平キャンプマーケット」



これまでキャンプマーケット返還による文化公園造成に関する議論と共に、キャンプマーケット空間と機能の変化、キャンプマーケットを中心とした歴史・文化資産に対する体系的な記録の必要性が提起されてきた。



これにより、仁川市はキャンプマーケット記録化事業推進のための基礎資料構築及び事例調査を実施し、キャンプマーケットアーカイブ構築の方向性提案のための政策研究と、関連用役事業費確保及びキャンプマーケット返還区域建築図面解除作業を進めた。



今回の「キャンプマーケットアーカイブ構築基本計画樹立」のための用役は、アーカイブマスタープラン樹立を通して具体的な実行案を提示するために推進された。



用役の主な課題は、日本植民地時代から米軍基地返還時点までのキャンプマーケットと周辺地域を対象とした日本軍基地、韓国戦争後のASCOMシティ、キャンプマーケットにつながる沿革に関する研究、キャンプマーケット及び周辺地域に関する公共・民間記録物の現状把握と整理、キャンプマーケットアーカイブ構築に対する時期別・段階別基本計画(ロードマップ)樹立などで、323日から着手して7ヵ月の日程で進行される。



仁川市は、効率的かつ成功的な研究用役遂行のために、関連分野の専門家と地域社会が共に参加する民官協力ガバナンスを構築し、実効性のある課業進行のための着手・中間・最終報告など、体系的な報告体系を設ける方針である。







 




KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.