메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

仁川西区強小特区、環境科学革新を導く

優れた公共技術、研究能力特区企業に開放

仁川西区強小研究開発特区が、大韓民国環境科学の革新クラスターへの跳躍を宣言した。

仁川市は去る 14 日、仁川大学校・仁川都市公社と共に、仁川大学校松島キャンパスの公演会場で、「仁川西区強小研究開発特区ビジョン宣布式」を開催した。

強小研究開発特区(以下、強小特区)は、革新能力を備えた技術核心機関を中心に、小規模高密度技術事業化拠点を構築する新しい研究・開発特区モデルである。これに先立ち、 6 月、科学技術情報通信部は、仁川西区一帯などを環境分野特化強小特区に指定・告示した。写真は、劉正福仁川広域市庁が、去る 14 日、仁川大学校で開かれた「仁川西区強小研究開発特区ビジョン宣布式」でビジョン宣布セリモニーをしている様子。

 

強小研究開発特区(以下、強小特区)は、革新能力を備えた技術核心機関を中心に、小規模高密度技術事業化拠点を構築する新しい研究・開発特区モデルである。これに先立ち、 6 月、科学技術情報通信部は、仁川西区一帯などを環境分野特化強小特区に指定・告示した。

仁川西区強小特区は、情報通信技術( ICT )融複合環境汚染処理及び管理技術事業化拠点を構築するためのもので、仁川大学校が技術核心機関として参加し、技術事業化と生産拠点のための背後空間としては、総合環境研究団地・環境産業研究団地・検丹2一般産業団地(開発予定)などが含まれている。仁川大と仁川所在の環境分野公共研究機関が保有する優れた公共技術や研究能力を特区企業に開放し、技術事業化の全周期を体系的に支援することが目標である。

これにより、市は、強小特区のビジョンを内外に宣言することで、環境産業育成の意志を市民と共有し、情報通信技術( ICT )融複合環境技術を先導するためにビジョン宣布式を開催した。

仁川西区強小特区は、情報通信技術( ICT )融複合環境汚染処理及び管理技術事業化拠点を構築するためのもので、仁川大学校が技術核心機関として参加し、技術事業化と生産拠点のための背後空間としては、総合環境研究団地・環境産業研究団地・検丹2一般産業団地(開発予定)などが含まれている。

 

技術核心機関である仁川大学校朴鍾泰総長の歓迎の辞をはじめ、学生創業成功事例などの紹介映像放映・強小特区経過報告及びビジョン発表・強小特区特化分野育成のための協約式・セレモニーなどの順で行われた。

仁川西区強小特区のビジョンは、情報通信技術( ICT )融複合環境汚染処理及び管理技術事業化を拠点として成長し、大韓民国環境科学革新クラスター仁川として跳躍するというのが核心である。

このようなビジョンをもとに、 微細粉塵測定技術や高度浄水処理技術などを活用した環境汚染測定及び処理、 廃プラスチックリサイクル、バイオプラスチック技術などを活用した廃棄物の資源化と環境にやさしい代替物質開発、 環境情報監視技術、循環資源回収ロボット技術などを適用した人工知能基盤環境管理の 3 大細部特化分野を育成し、環境技術と製品の革新的な発展を導き、環境の難題まで解決していく計画である。

ビジョンの発表に続き、仁川大学校・ BGF エコバイオ・韓国建設生活環境試験研究院は、特化分野の産業生態系造成及び環境・社会・透明経営( ESG )の実践を主な内容として業務協約を締結した。

協約を通じて、 3 つの機関は、環境にやさしい代替物質技術開発に必要なインフラ構築と、研究開発( R D )、技術移転、事業化及び創業支援など、産業生態系造成のための産学研協力を緊密にすることにした。


 

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.