메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

サムスンバイオロジックスと松島11工区 土地売買契約締結

売買代金 4250 億ウォン、 2 キャンパス建設で

年平均 400 人雇用予想

仁川市は去る 18 日、仁川市庁でサムスンバイオロジックス(代表取締役 チョン・リム)と土地売買契約を締結した。

去る 18 日、市庁ブリーフィングルームで、仁川経済自由区域庁キム・ヨンジュバイオ新産業課長が、「仁川市 - サムスンバイオロジックス投資契約締結」による記者懇談会を開いている。

 

今回の契約は、松島国際都市 11 工区先端産業クラスター (C) 産業施設用地 1 筆地 ( 松島洞 430) に、グローバル先端医薬分野を先導できる研究・製造施設を誘致するための契約で、劉正福仁川市長、ソン・ヨンウォン仁川経済自由区域庁庁長職務代行次長、チョン・リムサムスンバイオロジックス(株)代表取締役が締結し、敷地面積は 357,366 ㎡、売買代金は 4260 億ウォンである。

供給敷地は、先端産業分野の生態系造成のためのグローバル規模の施設誘致のために指定された敷地で、仁川経済庁が 2019 7 月、産業部から開発計画承認を得て、翌年の 2020 9 月、バイオ医薬分野のグローバル競争力強化と国内の中小・ベンチャー企業育成を先導できる企業を誘致するという戦略が樹立された。

仁川経済庁は昨年 10 月、事業者公開募集に着手し、昨年 12 月、優先交渉対象者としてサムスンバイオロジックスを選定し、その後、優先交渉過程を経て、今回、土地売買契約を締結した。

サムスンバイオロジックスが買収する松島 11 工区の位置図

 

今回の供給は、新型コロナ拡散以降、ワクチン・治療剤の開発及び供給能力確保が世界各国の最優先国策課題として浮上することにより、仁川松島にグローバル規模と品質を備えた研究開発及び製造施設を誘致することで、グローバルバイオ医薬市場を先取するための布石だと見られる。

サムスンバイオロジックスは、 2011 4 月に設立され、松島 5 工区先端産業クラスター (B) 一帯 ( 松島洞 201-2) で、バイオ医薬品委託研究開発及び製造業 (CDMO) を営んでいる。設立 10 年後の 2021 11 月、第 4 工場の着工で、単一企業基準では世界最大規模のバイオ医薬品生産設備 ( 62 ℓ) を構築し、売上高 1 5 千億ウォンを上回るなど、果敢な投資と独歩的な成果を見せている。今年もグローバル製薬会社の受注が続いており、 10 月には第 4 工場の部分稼働を準備するなど、成長の勢いは続いている。


サムスンバイオロジックスが敷地を購入した 11 工区の詳細位置図と周辺の現況

 

サムスンバイオロジックスは、今回の敷地購入を通じて、グローバル競争会社が追従することができない超格差を完成するという構想である。 11 工区だけで 4 つの工場を建設し、 5 工区 1 キャンパス以上の生産設備を追加確保することにより、名実共に「世界第 1 位の CDMO 企業」として定着するという目標である。総事業費は 7 兆ウォン内外になると予想される。

バイオ医薬分野のベンチャー・中小企業のための産業育成事業も推進する計画である。第1段階期間内にベンチャー・中小企業が入居して、研究開発及び事業化支援を受けることができる産業育成施設を建設し、コンサルティング/セミナー/国内外のネットワーキングなど、支援事業を推進する計画である。

サムスンバイオロジックスは、 11 工区 2 キャンパスの建設を通じて、年平均 400 人の雇用創出を予想している。契約締結から 10 年後の 2032 年には、総 4000 人の雇用創出が期待され、協力会社による雇用創出 1000 人余りと建設人材 5000 人を含めると、総 1 万人余りの雇用創出が発生すると見られる。

チョン・リム代表取締役は、「サムスンバイオロジックスが先制的で果敢な投資をすることができるように条件を整えてくださった産業通商資源部と仁川市に謝意を表し、支障なく投資計画を履行してグローバルバイオ医薬産業をリードし、地域と共に成長することができる企業になる」と付け加えた。

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.