메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

「華やかな光の都市」で輝く 仁川

松島、月尾島・開港場一帯中心に観光ベルト及び夜景名所造成

仁川の代表的観光地、松島国際都市と月尾島・開港場を中心に、様々なコンテンツを盛り込んだ夜間観光ベルトと 10 大夜景名所が造成される。

仁川市は、国・市費計 56 億ウォンを投入し、 2025 年まで夜間観光ベルト造成事業を推進する。

仁川夜間観光ベルト造成事業位置図

 

これに先立ち、市は 9 月、文化体育観光部と韓国観光公社が今年初めて推進した「夜間観光特化都市造成公募事業」で、韓国第 1 号の「光の都市」対象地に選定された。

今回の事業は、「オールナイツ仁川 (all night sincheon) 」をスローガンに、 19 世紀に大韓民国の扉を開いた「開港都市仁川」から、 100 年後のエンデミック時代に再び訪れる大韓民国の扉を開く「光の都市・仁川」として跳躍するストーリーを発掘し、様々な夜間コンテンツや景観名所を造成する計画である。

仁川夜間観光ベルト造成事業のスローガン

 

事業は、アートセンター仁川~ G タワー~トライボウル~セントラルパーク~松島コンベンシア~トリプルストリートを結ぶ松島国際都市と、月尾島~仁川内港・想像プラットフォーム~チャイナタウン~開港場~自由公園を結ぶ月尾島・開港場一帯を核心圏域とし、寿鳳公園、蘇莱浦口など都心の至る所の夜景名所を連携圏域として結びつけて推進される。

事業内容は、夜間観光コンテンツ、夜間景観名所、夜間観光条件、類似事業連携の 4 種類に分けられる。
夜間観光コンテンツは、特化プログラム(夜間公演、夜市場、夜間体験など)、ロマン満載サンセットツアー(夕焼け夜景バス、水上レジャーボート)などの常設コンテッツとシグネチャー光フェスティバル、メディアアートフェアなど非常設コンテンツで構成されています。

開港場文化財夜行の全景

松島セントラルパークの夜景

 

夜間景観名所には、夜景ランドマークや眺望スポットなど 10 大夜景名所を選定する予定である。また夜間観光条件の改善のために、商圏の活性化、カスタマイズされた案内サービスの提供、移動手段の改善、夜間観光マーケティングに注力し、スマート観光都市、文化財夜行・音楽祭など連携事業も共に推進される。

事業は 11 月から本格的に施行される予定で、 2025 年に事業が完了した後も 2030 年まで市の独自事業として引き続き推進する計画である。一方、 12 月には松島国際都市で公募事業選定を記念する「夜間観光特化都市仁川」宣布式が開催される予定である。


 

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.