메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

民選8期、経済規模「100兆時代」達成に注力

「市民が幸せな世界初の一流都市仁川」市政目標に 10 大政策発表

民選 8 期就任 100 日を迎えた劉正福仁川市長は、地域内総生産 (GRDP) 規模 100 兆ウォン時代を開き、韓国第 2 の都市に跳躍することに注力すると宣言した。

仁川市は 6 日、市庁大会議室で「民選 8 期発足 100 日ビジョン宣布及び市政目標発表式」を開催し、劉正福市長は市政方針に定められた「 皆がよく暮らすバランス都市」「 夢が実現する世界都市」「 真心と配慮のコミュニケーション都市」「 未来価値創造の革新都市」と関連して 10 大政策を発表し説明した。

最初の市政方針である「皆がよく暮らすバランス都市」は、 ▶旧 都心革新バランス発展都市、 全ての道が仁川につながる交通が便利な都市を政策目標として定めた。

仁川広域市は 6 日、市庁大会議室で開かれた「民選 8 期発足 100 日ビジョン宣布及び記者説明会」を行った。市は地域内総生産( GRDP )規模 100 兆ウォン時代を開き、韓国第 2 の都市に跳躍することに注力すると宣言した。

バランス発展都市分野は、内港経済自由区域指定など済物浦ルネサンス時代の開幕と旧都心開発促進などが核心課題である。交通分野は仁川発 KTX GTX 、第 2 京仁線など鉄道網の構築と京仁電鉄及び仁川大路地下化、白翎空港建設などを主要課題として提示した。

2 番目の市政方針である「夢が実現する世界都市」は、 100 兆ウォン時代、働きやすい経済都市、 明るい生命が息づくグリーン環境都市が政策目標である。

まず、経済規模 100 兆ウォン時代を開くために、先端企業誘致、根産業・素材部品装備産業育成と中小企業革新成長、青年創業人材養成、仁川愛商品券(イウムカード)改編による小商工人支援などを課題として提示し、これを通じて 60 万の雇用を創出する一方、ソウルに続き韓国第 2 の経済都市として再跳躍するという構想である。

仁川市は 2017 年の地域内総生産規模が 88 5000 億ウォンで、特別市・広域市で 2 位になったが、経済条件の悪化などで 2020 年には 3 (89.6 兆ウォン ) となった。

劉市長は、コントロールタワーの役割をする「仁川経済動向分析センター」を新設し、仁川戦略産業育成・支援計画樹立、制度・規制改善などを通じて仁川の経済規模を 100 兆ウォン台に引き上げるという目論見である。

グリーン環境都市分野は、首都圏埋立地終了及び代替埋立地造成、安全な水道水供給、炭素中立・大気汚染削減などが中心課題である。

3 番目の市政方針である「真心と配慮のコミュニケーション都市」は、 暖かい同行、カスタマイズされた支援で幸せな都市、 市民全員が健康で幸せな教育・安全都市、 市民のためのコミュニケーション・共感都市を政策目標とした。

子育てと青少年及び青年支援、障害者、高齢者など保健福祉分野政策課題とともに、海洋水産大学誘致、仁川公共医大設立、国立大学病院誘致及び第 2 仁川医療院設立などを教育・安全分野課題として提示した。

市民コミュニケーション及び共感のために、オンラインの開かれた市長室、訪ねる開かれた市長室を運営し、四半期に 1 回集団民願コミュニケーションの日と市民コミュニケーション懇談会などを開くという方針である。


民選 8 期のビジョンスローガン

 

4 番目の市政方針である「未来価値創造の革新都市」は、 未来を準備する競争力のある都市、 文化と芸術が日常となる都市、 農漁民と都市人が共生する都市が政策目標である。

特に競争力のある都市分野には、航空整備団地造成と UAM 都心実証路線の誘致、 PAV 産業の育成、バイオ革新クラスター造成、ロボットランド造成、水素生産クラスター造成など、重要政策事業が網羅されている。文化・観光・体育分野には、青羅ドーム球場建設、文化芸術人総合支援プラットフォーム構築、海洋観光シルクロード開拓、アラベッキル観光、レポーツテーマパーク造成などがある。農漁民と都市人の共生のためのローカルフードプラットフォームの構築、都市農業活性化なども主要課題として提示した。

また、劉正福市長は就任 100 日の所感を明らかにし、 100 日を新たな跳躍のための革新の土台を築く時期と規定した。

仁川市は、在外同胞庁仁川誘致と行政体制改編を推進する。

 

劉市長は、在外同胞庁仁川誘致推進と行政体制改編推進、仁川市庁新庁舎建設再推進、仁川型民生経済対策発表と仁川愛商品券改編案などを 100 日の成果に挙げた。続いて、首都圏 3 者協議体構成と青羅スターフィールドドーム球場推進、サムスンバイオロジクスバイオ医薬施設投資誘致、歴代最大国庫補助金 4 9640 億ウォン確保なども 100 日間の主要実績として紹介した。

また、オーストラリアのブリスベン・アジア太平洋防災閣僚会議の基調講演を通じて、仁川が国際安全都市として位相を高めたことと、シンガポール APEC 事務局を訪問して 2025APEC 首脳会議の誘致活動を行い、高い評価を受けるなど、国際的に仁川の位相を高めたことも注目すべき成果だと説明した。

市は、民選 8 期の仁川市ビジョンである「仁川の夢・大韓民国の未来」の新しいデザインを披露した。新しいデザインは、モダンで軽快な書体に夢と希望に満ちた未来の道案内である北極星を象徴する星模様をモチーフにした。この星の文様には、港湾、空港を中心に様々な情報が行き来する仁川の未来を明るく照らすという意味が込められている。

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.