메뉴 바로가기 본문 바로가기

ビジョン2014プログラム

モンゴル·レスリング選手団仁川合宿、成功裏に終了

作成日
2018-01-03
照会数
231

-仁川の合宿訓練システムで技量向上、世界の頂上に進む第一歩完走-



○2014仁川アジア競技大会の遺産事業であり、アジアスポーツ弱小国支援事業「OCA-仁川ビジョン2014プログラム」の今年5番目であり最後のモンゴル·レスリング選手団が、仁川合宿を成功裏に終えた。
 


○仁川広域市(市長ユ·ジョンボク)は、モンゴル·レスリング選手団7人が12月6日に入国し、2週間の仁川招待合宿など、すべての日程を無事終了して、12月20日に帰国すると発表した。
 



○今回の合宿の訓練パートナーと指導は、仁川環境公団レスリング選手団のイム·デウォン監督が担当し、集中的な合同技術訓練を実施することでモンゴル選手と訓練パートナーの全ての技量向上に役立ったと評価された。
 



○特に選手らは、仁川スポーツ科学センターで実施した競技力向上プログラムを通じて、専門的な運動処方検査とスポーツコンサルティングを受けることで、今後の訓練方針の設定に大きく役立ったと感謝の意を表した。さらに松島国際都市と仁川都護府庁舎などで実施した文化体験は、仁川の過去と現在を網羅する様々な姿を堪能することができる時間として、選手たちの熱い呼応を受けた。
 


○アスルラン·チェンドソンドノム モンゴル·レスリング選手団監督は「今回の合宿期間中、選手たちの競技力が大きく向上しただけでなく、仁川についてもより知ることができた。特に松島新都市が非常に印象的だった」と感想を述べた。
 



○市の関係者は「ビジョン2014プログラムは、国際スポーツ界から大きな評価を受けており、アジア各国と仁川市をつなぐ素晴らしい架け橋の役割をしている」とし「今後もアジアスポーツの均衡的発展と仁川市のブランド価値向上のために努力したい」と述べた。



○2014仁川アジア競技大会の遺産事業であり、アジアスポーツ弱小国支援事業「OCA-仁川ビジョン2014プログラム」の今年5番目であり最後のモンゴル·レスリング選手団が、仁川合宿を成功裏に終えた。 ○2014仁川アジア競技大会の遺産事業であり、アジアスポーツ弱小国支援事業「OCA-仁川ビジョン2014プログラム」の今年5番目であり最後のモンゴル·レスリング選手団が、仁川合宿を成功裏に終えた。 ○2014仁川アジア競技大会の遺産事業であり、アジアスポーツ弱小国支援事業「OCA-仁川ビジョン2014プログラム」の今年5番目であり最後のモンゴル·レスリング選手団が、仁川合宿を成功裏に終えた。
 



 

添付
KOGL
KOGL: Type 1 + Commercial Use Prohibition + Change Prohibition (Type 4)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.