메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

アマゾンウェブと手を組んだ仁川、スマート都市へ大きな一歩

仁川AI革新センター開設、量子コンピュティング環境構築

 

仁川市がグロバルクラウドサビス企業であるアマゾンウェブサビス(Amazon Web Services、以下、AWS)と手を組んで、市民生活を期的に改善することができる持可能なスマト都市を実現するための仁川型人工知能(AI)生態系構築にり出す。AWSは、世界最大の電子商取引企業アマゾン(Amazon.com)のクラウドコンピュティング事業である。

 

仁川市は331日、市庁接見室でAWSと「AI技術同伴成長のための業務協約」を締結したと表した。

 

今回の業務協約を通じて、仁川市は、AI企業育成と未来技術(量子コンピュティング)基盤の革新ソリュション開発に対するAWSの先進技術及び門性を積極的に活用して、仁川型AI生態系構築事業を推進する。
▲仁川市は331日に、AWSと「AI技術同伴成長のための業務協約」を締結した。

 

仁川市は松島、羅、永宗際都市を中心に、韓のグロバルビジネス開と、これを通じた事業の海外進出のためのハブとして開してきた。同市は、世界レベルの先端仁川際空港及び仁川港を保有しており、候基金(GCF)など、多際機とチャドウィックなどの校、多籍企業が入居している。これを基盤に、な海外協力事業と海外進出事業を推進してきたが、本格的なグロバル事業への進出と協力のためには、今後も推進しなければならない課題がたくさんあるのが実情である。

 

また、仁川の旧都心は、な都市再生プロジェクトを推進しているが、象地域をより果的に大する必要があり、療脆弱地域の改善も必要な状況である。

 

仁川市は、新都心のスマト都市化を継続的に推進するとともに、市民加を通じて旧都心の環境も徐に改善してきているが、化する傾向に積極的に対応するには限界があるという判だ。

これにより、仁川市は今回の業務協約を通じて、グロバルクラウドサビス企業であるAWSとの略的協力を推進する。

まず、AWSとの協力を通じて、成長の可能性がある仁川地域のAI融合(スタトアップ)企業がグロバルユニコン企業として成長できるように、支援事業を共同推進する。

 

選定された候補AI融合企業は、仁川市が提供するなプログラムと空間を活用することができる。また、AWSは、該当企業にAWSクラウドを活用した育、ビジネスコンサルティング、技術サポトを提供してAI企業がビジネスを成長させ、グロバル市場に成功的に進出するように支援する。

 

ここで作られたソリュションは、AWSケットプレイスを通じて韓発売すると同時に世界市場でも販売し、国際公共調達に加する機を得ることになる。

▲今回の業務協約を通じて、仁川市はAI企業の育成と未来技術(量子コンピュティング)基盤の革新ソリュション開発に対するAWSの先進技術及び門性を積極的に活用して、仁川型AI生態系構築事業を推進する。

 

第二に、仁川市は、AWSと仁川地域の存の病院や新規に開院する病院と協力して、松島際都市地域に療ビッグデタを構築して統合分析し、保健療の向上に活用して、今後、がん精密診断及び治療成果改善などに活用することができるバイオヘルス基盤デタのプラットフォム構築事業を進める。

これを活用して、旧都心など療脆弱地域でリモト心モニタリングのようなソリュションを活用し、心疾患を持つ高者や慢性疾患者をより果的にモニタリングすることができる療健康ビッグデタ融複合分析環境を構築する。  

これにより、高者や療脆弱階層、療脆弱地域患者のためのカスタムメイド療及び福祉サビス提供に活用する方針である。

第三に、仁川市の知能型スマト都市推進と旧都心再生事業を加速化するために、高度な技術と環境を活用する。

都心の態及び現況を体系的にモニタリングし、リアルタイムで管理して、改善することができるデタと人工知能、モノのインタネット環境が5G基盤で推進される。 

5G基盤のデジタルツインを導入して、新都心はもちろん、旧都心の主要な場所・道路・港湾・橋脚などの施設物をリアルタイムで管理し、モノのインタネット技術を都心全域に均一に適用して、安全・環境・交通件を改善する。

上下水道の水質を含むな現況資料が市全域でにモニタリングされ、問題点が、ほぼリアルタイムで確認措置される。

集されたデタは、公共デタ開放を通じて市民や企業にも提供し、これを通じて環境及び福祉分野でも活用できるようになる。

仁川市は、韓型デジタルニュディルの政府公募課題の中の5G基盤のデジタルツインプロジェクトを準備している。 

第四に、AI融合地域特化産業支援のための仁川型AI生態系構築と知能型スマト都市実現加速のために、仁川市はAWSと協力して、「(仮)仁川AI革新センター」を開設する。

AWSは、地域内にするAI需要を充足させ、次世代知能型スマト都市環境づくりのために、仁川市が存のコンピュティング環境よりも最大1億倍以上速い理が可能で、未来コンピュティング環境として注目されているQCquantumcomputing、量子コンピュティング)環境を構築するように支援する。 

これにより、仁川市と地域の企業・大学・研究所・スタトアップは、な知能型スマト都市とAIソリュションをさらに迅速に証し、実現することができる環境を備えることになる。  

朴南春市長は、「仁川市は、AWSとの協力を通じて、仁川のAI融合企業が新型コロナがもたらした不確性に迅速に対処し、全世界にあるAWSジョン(Region)を活用して、世界市場に速やかに進出することができるきっかけをつくることになった」とし、「仁川型AI生態系構築にAWSの先進技術を活用することで、知能型スマト都市を加速化して、市民の福祉、療環境を速やかに改善することができるようになった」と語った。

いて、「今回、開所する(仮)仁川AI革新センターは、AWSAI協力プログラムを運し、AWSの新技術を競合他社よりも先に活用できる環境を提供することになるだろう」とし、「これは仁川地域の知能型スマト都市を展させ、AI融合企業がAI/量子コンピュティングなどの新しい技術を事業化することができるAI融合生態系を張して、グロバルレベルの競力を確保するのにも大きな助けになると期待される」と調した。



KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.