메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

仁川674ヵ所のバス停留所、スマートで快適に変身

無料Wi-fi LED照明、エア送風機、熱椅子など設置

今年、仁川バス停留所はガラリとわる。674ヵ所の停留所が新設交換され、公共Wi-Fiはもちろん、LED照明、エア送風機、熱椅子まで設置されて、快適な停留所として貌する。

仁川市は今年、220億ウォンの事業費をかけて、バス停留所に公共Wi-Fiなどを大幅に充し、冷暖房設備などを補して、市民が快適な環境でバスを待つことができるようにバス停留所の改善を推進する。

▲仁川市の674ヵ所のバス停留所が、快適でスマトに身する無料Wi-Fi、冷暖房設備で、市民がバスを待っている間、快適な施設を活用することになる。(写真は、仁川市標準デザインバス停留所-基本形)


市は昨年1231日、新たに改編された205路線に674ヵ所のバス停留所を大設置する。市で500ヵ所、郡・区124ヵ所、経済自由50ヵ所の停留所を設置する計だ。

停留所120以上設置してきたことに比べて、5倍以上大設置することにより、バスを利用する市民の便宜が大幅に改善される。20203843ヵ所から20214517ヵ所設置と大きく増加する。

停留所にはバス情報案機(BIT300台だけでなく、公共Wi-Fi950ヵ所に一に設置し、より便利にバスを利用することができる。


▲仁川市標準デザインバス停留所-密閉型(左)と長形(右)

桂陽区庁バス停留所(左)、松島月光祝祭公園バス停留所(右)


300台が設置されるバス情報案機は、新規停留所200台を設置し、老朽化した案100台は交換する方針だ。無料公共Wi-Fiは、950ヵ所の停留所に追加設置され、合計3500ヵ所以上にえる。現在、仁川市のすべての市バスには、公共Wi-Fiが設置されている。

バス停留所に、冷・暖房便宜施設物も大設置される。夏には猛暑に備えてバス停留所45ヵ所にエア送風機を設置し、冬には寒さを避けることができるように67ヵ所に熱椅子を設置して、快適にバスを利用できるようにした。さらに、一部の停留所は、固定式ボックス型停留所として製作され、内側でバスを待つことができる。

この他にも、利用が少なくて施設が古かったり、電気のが制限されている停留所45ヵ所にLED照明設備を新たに設置して、老朽化した350ヵ所のバス標識を標準デザイン標識に交換し、都市の美を改善して快適な環境を提供していく。

また、混した28ヵ所の停留所の路面には、一列誘導表示を設置して、安全な交通文化の定着をる。


▲仁川市裏門バス停留所

 

市が事業費85億ウォンを投入する停留所500ヵ所の設置は、315日に業者を選定して直ちに着手に入り、9月に事業が完了する予定で、バス情報案機の設置は、36億ウォンをかけて5月に工事を始めて12月に完成し、公共Wi-Fi構築事業は、8月に着手して12月まで5か月間推進する。


KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.