메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

仁川「グリーン・ニューディール」で環境特別市への跳躍に最初の一歩

78事業推進、2025年までに58千人の雇用創出

仁川市は、去る319日、仁川型グリーン・ニューディール分科会議を開催し、環境特別市仁川への跳躍のための一を本格化した。

今回の議は、5日に開催されたデジタルニュディル分科会議にいて、グリーン・ニューディール分野の成果点検と、今後の推進方向についての議論のために準備された。

▲仁川型グリーン・ニューディールは、「環境、安全性向上と新成長動力創出」を目標に、合計78事業が推進される予定である。(写真は、仁川市資源分かち合い再循環キャンペン寄付行事)


仁川型グリーン・ニューディールは、「環境‧安全性向上と新成長動力創出」を目標に、合計78事業が推進される予定であり、2025年まで計56000億ウォンを投資して、58000人の雇用創出を目指している。

特に、今回の議では、グリニュディルと連した全体的な推進方向と共に、▲水素連機業務協約締結を通じた水素産業基盤構築、▲海洋環境政策推進のためのコントロルタワーである環境特別市推進団発足など、最近の成果を共有し、展方案を議論した。

議に加した門家たちは、仁川型グリニュディルの今後の推進方向と連して、様々な助言を行った。


▲仁川型グリーン・ニューディール事業の一つである清浄海洋TF、蘇萊浦口ヘノミ橋の構築写真


▲仁川市水素産業基盤構築業務協約


ウォン・ドンジュン仁荷大学校教授は、再生エネルギー分野で地域主導の分散エネルギへの換の流れと、最近の州での国境炭素税導入に対する議論などを紹介しながら、今後、仁川の産業・企業の競力確保のためには、低炭素グリン産業への体質改善が不可欠であることを調した。

イ・ヒグァン仁川大学校教授は、グリーン・ニューディールと連した成果指標の整理を通じて、事業推進況を定期的に点検する必要があり、中央部署公募事業などにおいて環境特別市のための仁川の努力を積極的に広報する必要があることを助言した。

ユン・ハヨン仁川究院究委員は、棄物点排出などを通じた良質の資源循環プラットフォムの構築など、仁川型グリニュディルのための新しいビジネスを提案した。

この日の議には、アン・ヨンギュ行政副市長と係公務員で構成された仁川型ニュディル推進と、動・エネルギなどのグリニュディ門知識と現場経験を備えた門家で構成された特別委員加した。


KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.

前へ
仁川674ヵ所のバス停留所、スマートで快適に変身
次へ
データがありません。