메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

直轄市昇格40周年、仁川独立40年の物語

市民諮問団発足、旧市長官舎開放など、な行事企

 

仁川市は4日、「仁川40年行事」連市民諮問足し、最初の議を開催した。

 

仁川市は71日、直轄市40周年を迎える。198171日に京畿道から立して直轄市に昇格してから40周年になる。仁川市は市民と一に仁川40年を記念して、仁川市展の様子を振り返り、未を描く多彩な行事を、71日前後に開催する。 

 

「仁川40年行事市民諮問団」は、仁川門家と都市行政門家、行事画専門家及び一般市民、市民体の代表など計10人で構成され、仁川40年行事全般に対する諮問を行う計だ。

 

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210510/715548e6-8770-46ae-a0ff-2bafc6921c6f.jpg

▲仁川市は4日、「仁川40年行事」連市民諮問足し、最初の議を開催した。

 

朴南春市長は、「仁川市が直轄市に昇格してから40年を迎え、その意味を市民の皆様と共有するためには、その始まりから市民と一にしなければならない」と述べ、「過去40年間、仁川は現在、人口300万人で、特・広域市の中で最大面積のメガシティに成長し、空港と港経済自由域が集積したグローバル経済のハブとして跳躍するなど、世界で類まれな成長を重ねた」と述べた。

 

諮問長は、諮問委員たちの互選によりファン・ギュチョル仁川愛運動市民協議長に選出され、長の指名によって副長はソ・ジョングク仁川大学校教授に決定した。

 

諮問長に選出されたファン・ギュチョル長は、「仁川40年という意味ある行事の諮問長に選出されて肩の荷が重いが、諮問委員の皆様と市民の意見をよく反映して、一緒に意義深い行事にしていきたい」と語った。

 

諮問長選後には、パク・ジェヨン政策企官による行事基本計(案)にする発表が行われた。仁川40年行事は、大きく4つのモジュルで構成されて進められる予定だ。

 

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210510/0822f5a3-8790-443e-bc71-fc1fe447b416.jpg

1981年仁川直轄市昇格を記念する看板除幕式 


まず、「記念行事」として、仁川40年記念式典と市長官舎開放記念行事が開催される予定である。市民と一に仁川40年を記念して、1966年から官の空間として使用された旧市長官舎を市民のにお返しする行事をそれぞれ市庁と市長官で開催する計だ。

 

第二に、「メディア及び術行事」では、仁川市長記者懇談と仁川40年記念討論会を計している。記者懇談では、仁川の展の様子と未来ビジョンの提示、記念討論会では、仁川の過去40年の成果と課題を討論する「術討論1セッション)」と、現場の活動家たちが仁川の都市再生を討論する都市再生「トクコンサト(2セッション)」として進行される予定である。 

 

第三に、「加及び体行事」は、市民・市長大討論と開港場文化財(小)夜行で構成され、「展示・観覧行事」は、市長官舎開放ツア、屋外映上映会及び監督との出いなどを準備している。

 

この日の諮問議では、できるだけ多くの世代の市民が一経験を共有することができる行事が必要で、行事を通じた市民の誇りの向上、新型コロナの況に合わせて非面行事が必要であるなどの意見が出された。具体的な行事日程とプログラムは、諮問団の諮問結果を持続的に反映して調整する計である。

 

ヨ・ジュンヒョプ企調整室長は、「新型コロナ況下で開催される行事であるだけに、何よりも防疫を徹底して行い、質素だが中身のある行事として準備していく」と述べた。

 

http://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210510/ade1cdd9-665d-4e99-8fea-7f7160acc565.jpg

▲仁川40年行事は、仁川40周年記念と市長官舎開放など、な行事が行われる予定である。

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.