메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

新型コロナ時代、再び始まる「生活体育」

健康な仁川-生活体育

 

民生活体育調査によると、新型コロナ以降、週1回以上、1回運動30分以上の規則的な運動をしていない「生活体育未加率」が201925.9%から202029.5%となった。「運動」とソーシャルディスタンスを行っている人たちが徐えている。新型コロナを克服するための免疫力化として、日常生活の体育活動が重視されているこの頃、仁川市は市民の健康のために、さまざまにしむことができるスポツ活動を展開する。

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210507/1ae0e91d-1d9d-4652-bdf9-06e2de30da3b.jpg 

#非面生活体育プログラムの運

「ホムトレニング」の時代だ。新型コロナの余波で、自宅で行なう運動にする社心が高まっている。市は52日から市のホムペジにホムトレニング「さわやかにGYM」を開設し、生活体育指導士による門的な動講習を提供し、下半期からは「町内運動場」というメニュを追加して、仁川地域のスポツ施設情報を提供する方針だ。また、各郡・区別に運している生活体育指導士のZOOM「ライブ体育室」を、階層にじて差別化された種目で活性化する方針だ。


#自分の体に合った運動プログラムを提供

自分の体の健康態と自分に合った運動方法がになったら、「体力認証センタ」を利用してみよう。「体力認証センタ」は国家が指定した公認認証機関で、市民の健康態にじてカスタマイズされた運動方と体力進プログラムを提供するところである。11以上であれば、誰でも無料で加可能で、体成分分析及び体力測定など、デタをもとに運動方を提供するなど、体系的体力管理をサポトする。現在、市では仁川東区体力認証センタ、ミチュホル体力認証センタ、延寿体力認証センタを運営中で、地域に係なく、仁川市民なら誰でも無料で利用することができる。

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210507/c841f6d5-c019-4522-ac47-d769458f4ad9.jpg 


#仁川型スポツに優しい企業の支援

スポツに優しい職場文化を散するために、社員の健康のためのスポツに優しい企業を掘して支援する予定だ。市は今年下半期に、業員の健康のためのスポツ活動を支援する企業を象に公募し、なインセンティブを提供する計画である。スポツに優しい企業として選定された企業には、同好会活動及びスポツ用品を支援し、ロンの利子減免と経営コンサルティング、技術サポト、海外市場への進出などに加点を付し、仁川e-EUMドスポツに優しい企業行事を通じて販路支援に努める予定である。

 

#リ及び生活体育大会を支援

新型コロナ時代だが、防疫上の注意を遵守しながら生活体育大も地道に支援する方針である。2021年度仁川市協長旗野球大が去る41日から10日までLNG野球場で開催され、42日ヨルムルテニス競技場では、2021年仁川市テニス協長杯個人戦テニス大女子ダブルスが開催された。市は今後も、市民の健康のために、な種目の生活体育大を行う予定である。ただし、まだ国内外の新型コロナの況がままならないだけに、防疫局及び体と緊密に協議して大を推進し、開催時には徹底した防疫策を立てて、安全な大を進行する計だ。


KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.