메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

松島セブランス病院「バイオニューディール」のアンカーとして鍬入れ

仁川宿願事業2026年開院目標、800病床規模

 

仁川の代表的宿願事業である松島セブランス病院が鍬入れをして、仁川南部点病院建設にみが予想される。

 

特にバイオ分野の究機能を備えた同病院が建設されると、松島バイオクラスター及び延世サイエンスパク等との連携を通じた産・・研・病の核心アンカの役割もすることが期待され、仁川型ニュディルである「バイオニュディル政策」推進にも相乗効果が出る見通しだ。

 

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210224/eec94d5b-b8ad-46c8-a104-82bbb5742d4b.jpg

▲松島セブランス病院(仮)鳥瞰。同病院は2026年に開院される予定。


松島セブランス病院は、松島際都市延世大際キャンパスにある85800㎡(26000坪)の敷地に地上14階、地下3階、800病床規模で建設され、202612月頃の開院を目指して進めている。

 

松島セブランス病院建設事業は、「仁川市IFEZ延世大()松島際化複合地開際キャンパス第2段階事業協約に基づいて、延世大と仁川市、仁川経済自由が共同推進している。延世大療院は、昨年8月、サム合建築を設計士に選定し、病院設計を進めている。

 

松島セブランス病院は、延世大療院の国内最高水準の療インフラを通して、門的な特化診療サビスを提供する予定である。また、これと共に京仁地域及び西海岸点病院、バイオ融合・究などの機能を備えた究特性化病院として役割を遂行する。

海外の大究所、製薬会社、バイオ企業との連携などを通じて、松島バイオクラスタの中核的機能遂行が期待される。現在、仁川松島には、セルトリオン及びサムスンバイオロジクスなど、バイオ分野企業と大究機、バイオ工程人材養成センタなど、バイオクラスタのインフラが構築されている。

 

今回、松島セブランス病院が本格的に運された場合、仁川は、▲バイオ医薬品生産点、▲各種究所、▲人材養成など、3拍子を均等に備えた名共の世界的なバイオ革新クラスターとして生まれわることができる見通しだ。

 

朴南春仁川市長は祝で、「市長候補時代から、必ず松島セブランス病院を建設すると市民に約束してきたが、このように守ることができて、とても嬉しい」とし、「(松島セブランス病院は)バイオヘルスバレ構築のための産協同の中心として、地域の中核療施設として市民の喉の渇きを癒すオアシスの役割をするだろう」と述べた。


KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.