메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

K-バイオラボハブ、松島に…仁川バイオ産業に「弾み」

バイオベンチャー・スタトアップ創業…雇用大、地域経済活性化に期待

仁川は、バイオ創業企業特化支援機である「K-バイオラボハブ」を誘致し、大韓民のバイオ産業をリドする代表都市としてそびえ立った。仁川市は9日、中小ベンチャ企業部で公募した「K-バイオラボハブ構築事業」に最終選定された。

特に昨年誘致した「バイオ人材養成センタ」と共に、バイオ産業の核心要素がすべて仁川に建ち、産学研病が集積した「仁川バイオクラスタ」造成作業に一層弾みをつけることが予想される。 

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210712/498c518f-50ed-471d-9fa2-24e37a4323c6.jpg
▲仁川市は9日、中小ベンチャ企業部で公募した「K-バイオラボハブ構築事業」に最終選定された。

去る9日、中企部は仁川をはじめ、慶南・大田・忠北・全北など5つの自治体を象に表評施し、その結果、K-バイオラボハブ構築事業の最適地として仁川を表した。

K-バイオラボハブ構築事業」は、バイオ創業企業育成のために、新など生命工分野の創業特化支援インフラを構築する事業である。

ボストンのバイオスタトアップ支援機である「ラボセントラル」をベンチマキングしたもので、バイオ創業企業が入居し、実験究、臨床・試製品製作に必要な施設・機器と、産学研病協力などを行う空間として合支援するためのインフラ構築プロジェクトである。

K-バイオラボハブ構築事業は費規模だけで約2500億ウォンで、今後仁川市と中企部は詳細計に対する協議を進める方針である。K-バイオラボハブ誘致で、仁川市は松島内バイオバリュチェン完成形クラスターの構築、バイオベンチャー及びスタトアップの創業を通じた雇用大と地域経済活性化が期待される。

は、予備妥性評を通して事業推進の正性を確保する。8月に申請及び通過後、予算反映などの手きをて、20232024年に空間造成を推進する計である。
 

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210712/7851a077-363b-40d6-afc1-d1c799154a16.png

去る9日、中企部は仁川をはじめ、慶南・大田・忠北・全北など5つの自治体を対象に発表評価を実施し、その結果、K-バイオラボハブ構築事業の最適地として仁川を発表した。写真は、2020年パク・ナムチュン市長が、あるイベントで仁川バイオについて明している様子。


仁川市は、「K-バイオラボハブ公募事業」誘致のために昨年から緻密に準備し、地域の雰囲気造成のために多くの努力をしている。

昨年11月に表した仁川型ニュディルには、「仁川型バイオラボセントラル」造成のための計が反映され、係機と事業の具体化のために、海外から門家を招聘して懇談などを行った。

事業公募が表された5月には、地域住民の協力を求めるために延寿区庁と協業し、オンオフライン住民署名運動チャレンジなどを推進し、グロバルネットワ大のために在米韓国人製薬人協会と業務協約を推進した。

学研病協力体系を固にするために、6月には主要アンカ加したラウンドテブルを開催し、ラボハブ構築のための協力方案を議論し、7月には主要バイオ企業現場訪問を通じてもう一度協力を約束した。

また614日に提出した事業計書には、仁川のみを体系的かつ論理的に提示して得力を高めた。

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210712/700336a4-e924-4bb4-8f7b-82f8f26755b9.jpg

▲仁川は、グロバルアクセス性と首都立地という地理的み、世界的な能力を備えたアンカ関の保有、そしてバイオ門人材需給の容易性がみとして評価され、今回のK-バイオラボハブ構築の最適地として選ばれた。


仁川は、グローバルアクセス性と首都圏立地という地理的強み、世界的な能力を備えたアンカー機関の保有、そしてバイオ専門人材需給の容易性の強みを有する。

また、キル病院、聖母病院、仁荷大病院など、病院臨床を通じた事業化可能性の大、国内外の投資資金誘致の有利さについても調した。

また仁川市の選定可能性を高めるために、協力機87団体まで大した。

 https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210712/a6b1a645-6c0a-47b7-98be-aae879fd43df.jpg

▲仁川市は、K-バイオラボハブの選定可能性を高めるために、協力機87団体まで大した。既に業務協約を結んでいる48のほか、バイオスタトアップを段階的・バリュチェンごとに体系的に支援するために、39とさらに協力係を結んだ。  ​​​


既に業務協約を結んでいる48のほか、バイオスタトアップを段階的・バリュチェンごとに体系的に支援するために、39とさらに協力係を結んだ。

これからラボハブに入居するバイオスタトアップは、究開から臨床・事業化まで隙のない支援を受けて、ユニコン企業としての成長が容易になると思われる。

ラボハブを誘致するため、地域住民も協力した。

オフライン住民署名運動期間の中、松島住民(18万人)のうち11万人が加し、オンライン上では約1千人の市民がラボハブ構築を援した。


 

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.