메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

「ユニコーン企業の夢」実る仁川スタートアップパーク

()モビックラブ人工知能ソリュション、()チグムヨギ

粗大ごみ簡排出システム開など

 

版シリコンバレを標榜している仁川スタトアップパクの入居企業が、グロバル市場進出と投資誘致など、優れた成果を出している。

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210714/b240cada-3deb-43fd-8a4b-d199bfdffe70.jpg

▲仁川スタトアップに入居した企業は、製品の未来値と企業の成長可能性が認められ、韓最高レベルのスタトアップ優待プログラムに選ばれ、投資誘致と事業化費用の支援を受けるなど、「ユニコン企業」として跳躍するための翼を大きく広げている。写真は、20212月に開催された仁川スタトアップパク開所式の様子。


仁川スタトアップパクは、国内で初めて官民が協力してスタトアップを育成する空間で、公共機(仁川テクノパク)が運するインスタⅠと民間企業(新韓金融グルプ)が運するインスタⅡで構成されている。ここでインスタⅠの代表的入居企業を紹介する。

これらのスタトアップは、製品の未来値と企業の成長可能性が認められ、韓最高レベルのスタトアップ優待プログラムに選ばれ、投資誘致と事業化費用の支援を受けるなど、「ユニコン企業」として跳躍するための翼を大きく広げている。ユニコン企業は、企業10億ドル以上のスタトアップを指す。

()モビックラブ(代表:イ・ウォングン)は、人の耳には聞こえない超音波音響信を測定し、リアルタイムで産業設備で生する異常態を判して、故障を予測する産業用人工知能(AI)ソリュションをサビスするスタトアップである。

AI技術を活用した質の高い故障予測アルゴリズムが認められ、昨年11月に創業活性化有功表彰(中小ベンチャ企業部長官賞)を受賞し、昨年5月、DOUZONルディングスから1億ウォンの投資を誘致して、中小ベンチャ企業部で主管する民間投資主導型技術創業支援プログラム(TIPS)にも選ばれた。

これと共に、環境にやさしい素材究開企業として、源泉特許技術を建築資材、土木建築構造物、電子製品、生活用品などに適用することができる可視光媒などを生産している()Jchiグロバル(代表:オ・ジュミョン)も仁川スタトアップパク入居企業である。

この企業は、昨年11月に中小ベンチャ企業部など10の政府部署が一に運する韓最大規模の創業コンテストである「挑K-スタトアップ」で、中小ベンチャ企業部長官賞を受賞し、つい最近では信用保証基金の「ファストペンギン」事業に選定されるほど、事業性と技術力が認められている。またLHの「スマトシティ適用技術証事業」などにも選ばれた。

技術革新を通じて生活の中に便利さを加えることを追求するスタトアップである()チグムヨギ(代表:キムジンギョン)は、人工知能(AI)を基盤にした粗大ごみ公式排出サビスアプリ「ヨギロ」を開した。
 

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210714/c9cfa280-192c-4b03-a019-89052490d531.jpg

▲スタートアップである()チグムヨギ(代表:キム・ジンギョン)は、人工知能(AI)を基盤にした粗大ごみ公式排出サービスアプリ「ヨギロ」を開発した。()チグムヨギのモバイルアプリのイメジ。 

 


「ヨギロ」は、最近、行政安全部の「住民生活密着型重点課題」に最終選定され、全地方自治体に導入される予定である。()チグムヨギは、6億ウォンの投資を誘致し、2021年にスタトアップパク非面スタトアップ育成事業「ユレカ」に選定されて、12400万ウォンが支援された。

現在、10の自治体で使用しているこのサビスは、モバイルを活用して、粗大ごみの登から手料決済まで、一度に理できる「粗大ごみ簡便排出システム」である。行政福祉センタを訪問することなく、24時間365日、ホムペジやモバイルアプリを利用して、非面受付が可能な利点がある。

ムペジ、モバイルアプリによる受付のほか、無人キオスクを通してアパートの管理事務所などでも非面受付が可能である。「ヨギロ」サビスを運する自治体はホムペジ、モバイルアプリ、キオスクによる受付で、コスト削減と作業の率化をることができる。

 

これと共に、仁川スタトアップパクバイオ特化ゾンに入居している企業も、多くの成果を上げて頭角を表している。 

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210714/3c21bf86-fe03-4e6b-899b-61dca0be4c41.jpg

()ドッター(代表:キムヒョンイル)は、心血管疾患分野の革新的な技術で、生分解性ステントと心血管用光干渉断層撮影装置を製造する企業である。写真は、()ドッターの従業員たちが議をしている子。

()ドッタ(代表キムヒョンイル)は、心血管疾患分野の革新的な技術で、生分解性ステントと心血管光干渉断層撮影装置を製造する企業である。今年、仁川スタトアップパク・スケルアップチャレンジラボ支援事業に選定され、グロバル進出のために仁川グロバルキャンパスに入居しているユタ大学校の医療革新センタCMICenter for Medical Innovation)と米食品医薬品局(FDA)規制承認を推進している。

 

ユタ大CMIは、米学医療センタのサビス品質で1位はもちろん、アメリカの大4番目に多くの起業家を輩出しているところである。()ドッターは15億ウォンの投資を誘致して、新規雇用14人、特許出願及び登5件を完了した。

また、基礎生命科学研究を活用して、難治性疾患の根本的治療に達することができる新の新しいパラダイムを提示するルダキュア株式社(代表:キムヨンホ)は、副作用のない眼球乾燥症治療と耐性がない痛症治療の開に力を入れている。

老人性眼疾患市場に注目して、眼球乾燥症など、眼球疾患治療用点眼の開と特許も獲得して注目されているルダキュアは、翰林製薬と規模150億ウォンの共同究開契約(投資を含む)締結を完了し、今年中に「シリA(おおよそ、試製品開から本格的な市場攻略直前までの期間に受ける投資を指す)」投資誘致を受けて、進行中の眼球乾燥症治療国内及び国での臨床究と痛症治療の開に焦点をてる予定である。 

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210714/f0966997-bda7-4156-bcfe-08c40e7f54f8.jpg

()より良い運動では、フィットネスモノのインタネット(IoT)デバイスと融合コンテンツを通して、リアルタイムの運動デタをサビスするスタトアップである。写真は、()より良い運動でが開したT-BOXコンテンツ。


()より良い運動では、(代表:ソ・ナムヒョン)フィットネスモノのインタネット(IoT)デバイスと融合コンテンツを通して、リアルタイムの運動デタをサビスするスタトアップである。今年1月に韓体育大学校革新事業主管企業として選定され、国内代表育企業である()DAEKYOエデュキャンプと訪問ホムトレニング代表企業のTeuniTeuniと業務協約を結び、非面ライブプラットフォムフィットネス分野を共同開中であり、フィットネスIOTデバイス(T-BOX)の予約注文2億ウォンの購入確約を完了した。

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210714/aafcff7c-95ff-4ae2-b91b-2aa637eae351.jpg

▲株式Gbrainは、グラフェン電極を用いた難治性疾患診断及び治療統合療機器を開しており、昨年TIPSに選定されて技術力が認められている企業である。株式Gbrain業員の写真  

 

(株)より良い運動では、非面育成事業選択及び実証商用化支援事業、大邱ICT融合スポツコンテンツ開支援事業に選定され、新規雇用10人、合計20件以上の特許及び商標、著作IPを保持して製品サビスを化している。

株式Gbrain(代表:ヤン・ソング)は、グラフェン電極を用いた難治性疾患診断及び治療統合療機器を開しており、昨年TIPSに選定されて技術力を認められている企業である。

また、今年、優れた技術力と未来成長潜在力が認められて、技術保証基金Kibo-Starバレ企業に選定され、中小ベンチャ企業部、科技術情報通信部など政府機の革新技術テマ課題に選定された。同企業はまた、療機器を開中で、年には究者臨床を控えている。

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210714/85e88db2-820d-476d-9c9d-f0e9b04204c4.jpg

▲去る2月に開所した仁川スタトアップパク。仁川スタトアップパクは韓のシリコンバレを目指す。

現在、()Gbrain5億ウォンの投資を誘致し、特許出願及び登4件を完了している。

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.