메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

QRコード活用電子問診システム拡大

選別診療所での感染露出低下、現場業員の疲労も低減

 

仁川市が電子問診システムを導入して、新型コロナ選別診療所での感染露出の危性を減らし、現場業員の疲を低減させることにした。

 

仁川市は現在、4ヵ郡・区保健所選別診療所で試中のQRド活用電子問診システムを、10ヵ郡・区全体に大運する計だと明らかにした。

 

これに先立ち、中、延寿区、南洞、甕津郡など4ヵ郡・区保健所に設置された選別診療所では、6月からQRド活用電子問診システムを試運用している。

 https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210719/7fcd924d-8e42-43d6-a06c-1254ae90133c.jpg

仁川市は現在、4ヵ郡・区保健所選別診療所で試験運営中のQRコード活用電子問診システムを、10ヵ郡・区全体に拡大運営する計画だと明らかにした。写真は富平保健所選別診療所の子。


今回のQRド活用電子問診システム大は、大生がSNSを通して朴南春市長に提案し、朴市長がこれに呼する形で実施されることになった。

 

この大生は、現在の選別診療所の査システムが待機→問診→採取→帰宅の順に進められているが、査者が多いと待機時間が長くなり、待機者が密集して、この過程で新たな新型コロナ感染の危性が大きくなる恐れがあると指摘していた。

 

問診票を手書きで作成する代わりに、QRドを活用して電子問診に切り替えれば、待機時間が短縮して感染の危性が低くなり、選別診療所勤務者の業務負担も減るだろうと提案した。

 https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210719/7ea08f97-3258-4150-9933-e6a8425759ae.jpg

QRドを活用した電子問診システムを導入すれば、手書き作成による現場勤務者の業務負担が減し、電話番入力エラなどの問題を最小限に抑えることができると期待される。また、査待機者の密集による感染の危性も減らすことができると予想される。写真は富平選別診療所の様子


朴南春市長は、この大生の提案が妥当であると判断、係部署に大運討することを指示し、係部署では、4ヵ所の試運用結果で果があると判し、これを選別診療所10ヵ所全体に大することにした。

QRド活用電子問診システムは、査者が現場でQRドをスキャンして直接電子問診票を作成した後、受付所で作成容と本人確認をした後、バドを出力して検体採取をする方式で進めれる。

 

このシステムを導入すれば、手書き作成による現場勤務者の業務負担が減し、電話番入力エラなどの問題を最小限に抑えることができると期待される。また、査待機者の密集による感染の危性も減らすことができると予想される。

 

仁川市は、現在、システムが構築されていない6ヵ郡・区保健所と協議して、今週中にQRド活用電子問診システムを運できるようにする予定である。

 

せて、スマトフォンを使用していない検査者は、存の方法で手書き作成できるように、現場支援していく予定である。

 

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.