메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

キャンプマーケット80年歴史を保存・公園造成

仁川市2022年完全返還に備え、TFム構成

 

仁川市は、富平米軍基地、キャンプマケットの2022年完全返還に備えて徹底した準備にり出す。

 

仁川市の対備作業は、キャンプマケットを返還した後、公園造成推進の方向について、市民の意見を積極的に反映し、軍部隊から公園造成に至るまで、キャンプマケット80年の史を保存するという2つの政策に基礎を置いている。

 

市は712日、連部署(キャンプマケット課)にTFム(キャンプマケットコミュニケションチム)を構成して運している。

 

市は、80余年ぶりに市民のってくるキャンプマケット公園造成推進の方向にする市民の積極的な加と史文化資産の体系的記の必要性を切実に感じて、キャンプマケット市民公論化作業とアカイブ構築を推進する。

 

仁川市は、富平米軍基地、キャンプマーケットの2022年完全返還に備えて徹底した準備に乗り出す。仁川市の対備作業は、キャンプマーケットを返還した後、公園造成推進の方向について、市民の意見を積極的に反映し、軍部隊から公園造成に至るまで、キャンプマーケット80年の歴史を保存するという2つの政策に基礎を置いている。写真は富平キャンプマケットの全景


キャンプマケット市民公論

 

最近、キャンプマケットの建築物、造兵廠の保存と解体に対する相反する意見が激しく対立する中、D区域の本格的返還以降、このような社的葛藤の相がさらに大する憂慮を呈している。

市は、存の▲市民加委員の活動容と、▲2017年から行われている「キャンプマケット市民の考え模索事業」、▲3ヵ所で運されている「コミュニケションボックス」など、これまでキャンプマケットに対する仁川市民の意見とをまとめて、10月に行われる第4回キャンプマケット市民の考え模索」行事を通して、より況が進展したキャンプマケットに対する市民の意見斂を推進する。

また、2022年には、キャンプマケット市民参加団(仮)を構成し、市民アンケト調査を通して、計されているキャンプマケット史文化公園造成の方向にする市民の告案を束する計画である。

https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210913/b3a81a73-0dcd-4400-a258-0347ede4efff.jpg

市は、80余年ぶりに市民の懐に戻ってくるキャンプマーケット公園造成推進の方向に対する市民の積極的な参加と歴史文化資産の体系的記録の必要性を切実に感じて、キャンプマーケット市民公論化作業とアーカイブ構築を推進する。1960年代の富平米軍キャンプマケット 


キャンプマケットアカイブ構築


市は、キャンプマケットの空間・記憶・文化遺産に対する史的な理解とキャンプマケットアカイブ構築のために、今年上半期、仁川究院(政策究課題)を通して「キャンプマケットアカイブ構築の方向究」を進め、10月にキャンプマケットアカイブマスタプラン策定用役を注する。

2022年には、D区域返還完了後、キャンプマケットの史的・文化的値に対するより完成度の高い調査をするために、究士など門人材員を推進し、幅いデ集と体系的なアカイブを構築する計である。

 

また、キャンプマケット史文化公園造成の完了時、キャンプマケット史館(仮)の建設と連携して、長期的かつ持的なアカイブ構築の管理にも万全を期する方針だ。

 

仁川市は、アカイブ作業を通して、市民に日本植民地時代の造兵廠から米軍駐留期、返還後の公園造成まで、キャンプマケットの史と文化資産としての値を教えるために貢献することを目的としている

 

一方、キャンプマケットは、1939年、日本植民地時代に武器製造のための日本陸軍造兵廠として使われた後、光復(終戦)後、在韓米軍の軍需支援司令部であるASCOMシティとして使用された。

 

201912月、AB区域の優先返還(21765㎡)後、汚染土化作業を進めており、今年、D区域のパン工場完全閉鎖と移転協議をて、202234月中に完全返還した後、2028年までに公園造成を終える予定である。公園造成地域は山谷洞292-1番地一帯で、規模は60938㎡である。

http://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20210913/76be2240-759a-4cef-950f-3040f0d98b3c.jpg 

▲キャンプマケット構成


KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.