메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

親環境水素バス運行、本格開幕

バス5台、幹線バス路線3ヵ所に投入・正式運行

 

仁川市は、親環境水素バスを初めて導入し、本格的な水素公共交通時代を開く。

仁川市は、水素市バス5台を幹線バス路線3ヵ所に投入し、106日午前5時から正式運行を開始した。

 

仁川市は、親環境水素バスを初めて導入し、本格的な水素公共交通時代を開く。仁川市は、水素市内バス5台を幹線バス路線3ヵ所に投入し、106日午前5時から正式運行を開始した。


6日(水)から運行したバスは、132台、461台、822台など、3つの路線が運行を開始し、▲13番新興洞車庫址黔岩、▲46番新興洞車庫址堀浦川、▲ 82番新興洞車庫址東仁川駅北間を運行する幹線バス路線である。

 

これに先立ち、105日には、水素市バスの初運行を記念する事前試行事を開催した。試乗行事には、朴南春仁川市長、シン・ウンホ仁川市議議長、イム・ドンジュ仁川市議産業経済委員長、カン・テウォン現代自動車常務、ソン・ビョンジン新興交通長、リ・インチョル仁川市バス運送事業組合理事長などが加した。


仁川市市バス路線に水素バスが投入されるのは今回が初めて。水素バスは、106日から134682番路線に均等に配置され運行される予定である。

 

水素バスは、水素燃料電池を使用する車である。水素を空中の酸素と化させて電を作り走行するが、空中の酸素を得る過程でバスに装着されたフィルタが空気清浄器の役割をする。

 

これにより、水素バスは、果ガスや有害化物質が排出されず、快適な大環境づくりに寄することができる親環境交通手段として注目されている。また、水素エネルギは、都市ガスよりもリスクが低いと評され、安全性も認められている。

 

▲仁川市は、水素車の普及拡大基盤を造成するために、水素ステーションを2025年までに20ヵ所に増やす計画である。 


一方、仁川市は2030年までにすべての市バス(2204台)を水素バスに換する事業を積極的に推進する計である。また、水素車の普及大基盤を造成するために、水素ステションを2025年までに20ヵ所にやす計画である

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.