메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

白翎島に民間小型空港建設で総力

 11月初、予妥通過期待、島住民「定住条件改善」を期待 

 

白翎空港建設事業が今年11月初、企財政部の予備妥性調査象事業審議を控える中、仁川市は審議通過に大きな期待を抱いている。

仁川市は「訪れる市長室」の一環として、1029日に白翎面事務所で開かれた「朴南春市長と白翎島住民との話」で、住民に白翎空港建設事業の推進現況を明し、積極的な協力を要請したと明らかにした。

 https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20211101/14d8c028-e7df-456f-a325-3d232af709a8.jpg

白翎空港建設事業が今年11月初、企画財政部の予備妥当性調査対象事業審議を控える中、仁川市は審議通過に大きな期待を抱いている。白翎空港位置図。

 

白翎空港は、西海最北端の島住民の定住件改善と1日生活保障などのために、仁川市が推進している重点事業であり西海5島住民の宿願である。

白翎空港建設事業は、甕津郡白翎面ソルゲ地区一帯254000㎡に1740億ウォンの事業費を投入し、滑走路1200m(30m)、管制塔、旅客タミナルを備えた50りの民間小型空港を建設する事業である。

これまで、予備妥性調査象事業選定審議で2度挫折したが、土交通部が遂行した「白翎空港建設事業事前妥討」で費用便益(B/C)2.19と高く出たため、今回は必ず通過すると期待している。

市はこれまで、「西海5更計20112025)」に白翎空港を最優先課題として要請する一方、連中央部署と共助体系を構築して予備妥性調査選定に力を挙げている。

 https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20211101/83d91d8c-8f97-4c64-ab92-cf3b04dead4e.jpg

白翎空港建設事業は、甕津郡白翎面ソルゲ地区一帯254000㎡に1740億ウォンの事業費を投入し、滑走路1200m(30m)、管制塔、旅客ターミナルを備えた50人乗りの民間小型空港を建設する事業である。写真は白翎空港配置計(案)


また、土交通部「第6次空港開中長期計20212025)」に白翎空港建設基本計性調査及び建設工事などが反映され、法的施行根が設けられて、「西海5島支援特別法」に空港を公​​共施設の範に追加しようとする国会の法改正の努力も、審議通過にする期待を一層高める要因となっている。

 

仁川市は、白翎空港が建設されると白翎島までの飛行時間が1時間ほどになり、現在、旅客船で4時間以上かかる移動時間が大幅に短縮されると予想している。これにより、白翎島はもちろん、大島と小島など西海最北端の3つの島との接近性も改善されて1日生活圏が可能となり、非常生時の対応能力も向上し、地域住民の定住件が期的に改善されると見ている。

 

また2019年に指定された白翎青圏家地質公園と天の自然景など、優れた光資源を基盤に国内外の光客誘致と投資誘致が可能となり、地域のバランス展にも大きく貢すると期待されている。

 https://enews.incheon.go.kr/upload/editor/20211101/0e95edda-58de-4dab-bde2-446af1b1c2b1.jpg

▲白翎空港周地域の開構想(案)


市は、白翎空港建設事業が予備妥性調査象事業に選定されれば、連する後きを支障なく施し、白翎空港が2027年に開港できるよう最善をくす計画である

特に「白翎空港周地域略及び基本計樹立用役」を施して周地域開発の方向性を確立する一方、宿泊・光・レジャ療など空港と連携して相乗効果を創出できる対応戦略を設ける計である。

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.