메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

1兆クラブ自律走行先導企業「MCネックス」松島に基盤

未来車産業グローバル企業投資誘致に成果

 

仁川市が未来核心戦略産業として重点育成している未来車産業のグローバル企業投資誘致の成果が、次第に可視化されている。

市は昨年、投資誘致に成功した売上高1兆クラブ加入自律走行先導企業MCネックスが4日、本社及び研究所の松島移転を終えて業務を開始したと明らかにした。

市は昨年、投資誘致に成功した売上高1兆クラブ加入自律走行先導企業MCネックスが4日、本社及び研究所の松島移転を終えて業務を開始したと明らかにした。写真は()MCネックス松島社屋(本社)の全景。

 

MCネックスは、モバイルカメラモジュール、生体認識センサー、車両用カメラなどの電装品を含む映像センシング自律走行システムを開発・生産する自律走行技術先導企業で、昨年基準1兆ウォンの年間売上を達成したKOSPI上場企業である。

特に自律走行技術などに活用される車両用カメラ分野で国内1位、世界5位の市場シェアを記録しており、生体認識技術センサー分野でも頭角を現している。

市は昨年10月、MCネックスとソウル衿川区加山デジタル団地所在の本社及び研究所を松島に移転し、自律走行技術R&D(研究開発)協力などを通じて未来車部品産業を育成発展させるための投資誘致業務協約を締結した。

▲()MCネックスが開発した自律走行車(資料MCネックス提供)

 

その後、MCネックスは、仁川松島経済自由区域(7工区)内の建物:延べ面積27870㎡(地下1階~地上13階)規模の新築建物を購入し、本社と研究所を移転し、本社所在地変更に対する株主総会議決を経て、去る4日法人登記手続きを完了した。

MCネックスは、松島社屋をモバイル及び自律走行部門のR&D(研究開発)及びグローバルマーケティング強化のための戦略拠点とし、現在顧客会社と協業を強化しており、持続可能な成長基盤強化とともに新たな跳躍の準備をしている。

MCネックスは昨年、半導体需給難と新型コロナによる前方産業不振の影響で、実績成長の勢いがしばらく停滞していたが、今年、主要顧客会社であるサムスン電子のスマートフォン販売の増加でカメラモジュールの売上が拡大している。また、先端運転者補助システム(ADAS)など自律走行関連の売上増加により高成長区間進入が予想され、全体の売上と営業利益が大幅に増加すると予想している。

MCネックス自律走行車の宣伝用画像

 

MCネックスの関係者は「未来車、ロボット、人工知能など未来産業の揺籃として変貌している仁川はインフラ拡充を通じた事業拡大が容易で、関連企業とのR&D(研究開発)シナジー効果創出の最適地」と移転の背景を明らかに、「地域大学との就職連携プログラム運営などを通じて、仁川地域の優秀人材を選抜する計画」だと述べた。

市は内燃機関車中心の世界自動車市場が最近、電気自動車など未来車中心に急速に変化するのに伴い、停滞の危機に直面した仁川自動車産業の再跳躍を導くために、1月、未来車産業育成5ヵ年総合計画('22'26)を樹立し、多様な事業を推進中である。


 

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.