메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

仁荷大と協力、宇宙核心技術開発本格推進

「未来宇宙探査・宇宙資源 」開所、コア人材育成など

仁川市は、仁荷大と協力して、宇宙産業で先導的な役割を果たす未来宇宙分野の専門人材養成と、宇宙探査及び宇宙資源を活用して月探査に直接活用できる宇宙核心技術開発事業を本格的に推進する。

仁川市は去る 7 25 日、航空宇宙産学融合院で産・学・研・官 24 のコンソーシアム分野別事業関係者が参加する中、「未来宇宙探査及び宇宙資源活用技術研究センター」の開所式を開催した。

この日の開所式は、開会式、研究センター紹介、研究開発と教育運営のためのワークショップの順で行われ、ワークショップでは、研究センターに参加している産・学・研コンソーシアムの研究人材が今後 5 年間進行する研究内容を共有した。

一方、「未来宇宙探査及び宇宙資源活用技術研究センター」事業は、 4 11 日、科学技術情報通信部で推進する「未来宇宙教育センター事業」に産・学・研コンソーシアムを構成し、事業に公募して最終選定された。

特に、「未来宇宙探査及び宇宙資源活用技術研究センター」は、宇宙探査と宇宙資源活用分野について、実務中心の研究及び教育のために、仁川に所在する仁荷大・仁川大・ニューヨーク州立大学と、極地研究所・韓国生産技術研究所・ダーウィンフリクションのような地域の産・学・研を含む総 23 の機関と企業が参加する。

月極地探査に必要な自律精密天測航法技術と月に埋蔵されている水資源を採掘するための月探査ローバー、採掘した資源を回収するための水電解推力機など、世界的水準の宇宙核心技術研究開発を行う予定である。

仁川市は、仁荷大と協力して、宇宙産業で先導的な役割を果たす未来宇宙分野の専門人材養成と、宇宙探査及び宇宙資源を活用して月探査に直接活用できる宇宙核心技術開発事業を本格的に推進する。写真は開所式の様子。

また、未来宇宙分野の核心技術開発と一緒に連携して、宇宙開発と関連した専門トラック型教育と現場実習、国際協力プログラムを運営し、総 225 人(年間 45 人)の修士・博士レベルの核心専門人材を養成する計画である。

今回の事業推進のために、 2026 年までに国費 50 億ウォン、市費 50 億ウォンと、企業・航空宇宙産学融合院・仁荷大からの独自支援金を含めて、総 118 億ウォンが投入される。

仁川市は、今回の研究センター事業が、宇宙産業分野で国内を代表する宇宙専門人材を養成し、航空産業及び宇宙産業を連携した地域産業の高度化と多角化に大きく貢献すると期待している。


 

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.