메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

光の都市・仁川、シーサイドパーク 夜間観光の名所に

最先端マルチメディア活用、松山公園も再整備

仁川経済自由区域( IFEZ )永宗国際都市シーサイドパークの自然に、最先端マルチメディア技術を活用した「光の都市・仁川( Light city 仁川 Night view )」を実現するための夜間景観観光名所化事業が本格的に始まった。

仁川経済庁は、永宗国際都市のランドマーク公園であるシーサイドパークの自然景観に、独創的で差別化された夜間景観を演出し体験型の照明施設を設置して、夜間景観名所として造成する。また、仁川経済庁は、周辺のレールバイクなどのレジャー施設と連携した観光需要を創出するために、約 20 億ウォン規模の「シーサイドパーク・メディアアートの制作・設置及び運営システム構築」提案公募を、調達庁のナラジャント( G2B )及び IFEZ ホームページに発表した。

仁川経済自由区域( IFEZ )永宗国際都市シーサイドパークの自然に、最先端マルチメディア技術を活用した「光の都市・仁川( Light city 仁川 Night view )」を実現するための夜間景観観光名所化事業が本格的に始まった。写真は、シーサイドパーク活性化第 1 段階事業夜間完成予想図。

今回の公募は、永宗国際都市だけのアイデンティティを盛り込んだストーリー創出と、メディアアートを活用した独創的で差別化された夜間観光コンテンツの開発及び制作・設置、その他、多様な夜間景観照明演出技法を活用した体験型観光プログラムの提示及び照明施設設置、持続的維持管理のための統合管理システムの構築などが公募の核心である。

また、夜間景観と共に、永宗住民が松山公園を便利に利用できるように、歩行デッキ及びヤシマット設置など登山路も一緒に整備する計画である。

総事業費 35 億ウォンで事業が終わり、その後は、体験施設など持続的な観光名所の造成を通じて、メディアアートを活用した文化と多様な体験施設を通じた体験型観光及び複合リゾートなどの休養施設が融合され、複合レジャー観光都市として機能が強化される予定である。これを通して、永宗国際都市は首都圏の代表的な観光名所として定着することが期待される。

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.

前へ
仁荷大と協力、宇宙核心技術開発本格推進
次へ
データがありません。