메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

韓中FTA試験区仁川・威海市地方経済協力

5 回地方経済協力共同委員会開催、提案議題 13 件発表

韓中自由貿易協定( FTA )試験区である仁川市と威海市が、地方経済協力を続けている。

 

仁川市は去る 5 日、市庁新館で中国威海市と「第 5 回地方経済協力共同委員会」を開催した。

 

2015 6 月、韓中自由貿易協定( FTA )締結以後、仁川市と威海市は韓中 FTA 試験区に指定され、同年 7 月に「仁川 - 威海地方経済協力強化合意書」を締結した。合意後、両都市は貿易・電子商取引・観光・体育など 7 大分野 41 核心課題を選定し、分野別細部協約を締結して、多様な試験事業を推進している。

 

これまで両都市は、経済協力強化方案を議論してきたが、この日は 5 回目の委員会を開催した。会議は新型コロナの状況を考慮してビデオ会議で行われた。

 



仁川市は去る 5 日、市庁新館で中国威海市と「第 5 回地方経済協力共同委員会」を開催した。これまで両都市は、経済協力強化方案を議論してきたが、この日は 5 回目の委員会を開催した。

この日の会議では、仁川市産業振興課と威海市商務局など仁川からは 8 部署、威海からは 10 の関連部署及び関連機関が参加し、貿易・物流・知的財産権・保健・医療・観光など、両方から 13 以上の提案議題を発表して、分野別活性化方案を議論した。

 

特に 2017 年に会議が始まって以来、初めて韓中間 FTA 首席代表である産業通算資源部と中国商務部が今回の共同委員会に参加し、委員会に対する関心と役割が徐々に拡大していることが分かるようにした。

 

これを通して、今回の委員会で議論された議題はもちろんのこと、今後、仁川市対中国交流事業も中央政府と議論される可能性が高まるものと期待される。

 

今回、仁川市の主な議題としては、 韓中自由貿易協定 (FTA) 及び域内包括的経済同伴者協定 (RCEP) 原産地証明書重複発給協力要請、 中国輸入食品海外生産業者登録管理強化に関連する案件の 仁川市食品製造業者優秀生産食品対中国販路開拓支援、 医療 観光共同商品開発推進及び交流拡大、 仁川白寧島~威海市海洋国際航路開設提案など、コロナ以降さらに活発な交流協力推進計画と仁川市管内企業の対中国貿易苦情事項などを議論した。

 

威海市は、 両都市間の知的財産権協力強化、 仁川大学校など、仁川市と海外人材交流強化、 仁川市優秀電子商取引関連企業保税区参加と定期セミナー開催推進、 仁川市と医療技術分野交流協力強化など、計 7 つの議題を発表した。


 

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.