메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

仁川「K-半導体メッカ」、特化団地として造成

半導体後工程共同活用基盤施設構築、半導体ファンド造成など

仁川市が「 K- 半導体」のメッカとして飛翔するための基盤構築に乗り出した。

 

仁川市は、松島国際都市と南洞国家産業団地などの半導体企業集積地の中から候補地を検討し、「半導体後工程産業」を中心とした半導体特化団地の造成を推進する。

 

仁川市は来月から、専門家を構成して特化団地育成計画を樹立し、政府が推進する特化団地及び基盤構築公募事業に申請する計画である。

 

仁川市は、松島国際都市と南洞国家産業団地などの半導体企業集積地の中から候補地を検討し、「半導体後工程産業」を中心とした半導体特化団地の造成を推進する。写真は半導体装備など。

 

政府の半導体産業育成政策と共に、自治体間の半導体特化団地誘致戦が激しい中、仁川市は、半導体産業特化都市としての成長可能性と潜在力を掲げて、半導体産業のメッカとして浮上する基盤を設けるという戦略である。

 

世界半導体市場は、 2021 5559 億ドル ( 665 兆ウォン ) 規模で、 2020 4404 億ドルより 26.2 %増加して史上最高値を記録しており、 2021 年韓国の半導体輸出規模も 1297 億ドル (154 兆ウォン ) と前年比で 29 %( 992 億ドル)増加し、歴代最大実績を上げている。

 

8 4 日に施行された「国家先端戦略産業競争力強化及び保護に関する特別措置法」は、半導体など国家先端戦略産業に対してインフラや人材などを破格的に支援する内容の法案で、松島と南洞産団が半導体特化団地に指定されれば、 △許認可 迅速処理、 基盤施設構築、 税制恵沢、 人材育成などの政府支援と特恵を受けることができる。

 

なぜ仁川なのか?
後工程アンカー企業布陣・輸出第 1 位産業・物流交通の中心など特化団地指定要件に適合

 

仁川を半導体パッケージングのメッカとして造成するというのは、劉正福市長の主な公約の一つだった。

 

「半導体強国実現」の政府政策と軌を一にしながらも、「地域特化型生態系造成」という差別化された戦略で半導体産業の中心に立つ計画である。

 

半導体は、仁川第1位の輸出品目で、特にシステム半導体が輸出増加を主導している。

 

昨年、半導体の輸出比重は 26.5 (122 億ドル ) で、輸出品目第 2 位の自動車 (8.7 %・ 39 7 千ドル ) より 17.8 %高く、半導体の輸出額は前年 (71 億ドル ) 比で 69.8 %増加し、仁川第 1 位の輸出品目の座を確固たるものにした。

 

特に仁川の場合、システム半導体が半導体輸出全体の 94 %を占め、伸び悩んでいる韓国のシステム半導体部門で潜在力が大きいという評価である。

 

「半導体強国実現」の政府政策と軌を一にしながらも、「地域特化型生態系造成」という差別化された戦略で半導体産業の中心に立つ計画である。

 

半導体は用途に応じて、メモリ半導体と非メモリ半導体(システム半導体)に分けられるが、韓国の場合、「メモリ半導体」分野で世界の 53.2 %を占めるなど、第 1 位を維持しているが、システム半導体部門は 3 %に過ぎない。

 

また、 Amkor コリアと スタッツチップパックコリアなど、後工程(パッケージ&テスト)分野で世界第 2 3 位企業及びグローバル半導体装備企業などの半導体関連企業 1264 社が仁川にあり、経済自由区域と航空・物流、大学・研究所などグローバル企業及び投資誘致に有利な最適環境を備えている。

 

K- 半導体」メッカのための仁川戦略
技術開発支援・専門人材育成・ファンド造成で持続可能な生態系構築

 

仁川市は、半導体後工程の共同活用基盤構築に対する企画を来年から推進し、先端パッケージ技術能力を高めるという計画である。

 

半導体後工程企業が共同で活用できる分析・計測・試験装備などを構築し、標準認証及び核心技術開発を支援して、大学・政府出捐研究所など、地域革新機関の専門人材インフラを活用する、半導体素材・部品・装備企業の研究開発( R D )活動などを支援する方案を設ける計画である。

 

また、 200 億ウォン規模の半導体ファンド造成を通じて、潜在力のある中小・中堅企業の成長を促進する。

 

仁川市が 20 億ウォンを出資し、 VC を中心に親投資信託や企業など、民間から 180 億ウォンの出資を受けて、合計 200 億ウォン規模の半導体ファンドを造成し、グローバル競争力を備えた半導体分野のユニコーン企業を養成・発掘する。

仁川市は「 K- 半導体」メッカのために、技術開発支援・専門人材育成・ファンド造成により持続可能な生態系を構築する。

 

さらに、地域大学と協力して半導体企業カスタマイズ型専門人材を養成し、持続可能で体系的な半導体生態系の構築にも注力する。

 

まず、「半導体専攻トラック事業」を通じて、素材・工程・装備トラックと素子・設計専攻トラックを一緒に運営し、システム半導体の前・後工程を全て扱う統合型人材育成に乗り出す。

 

「半導体チェーンインフラ活用現場人材育成」事業では、大学内の半導体インフラを活用して、半導体素材・部品・装備企業需要基盤の技術力向上教育プログラムを運営し、在職者実務能力の強化及び優れた予備就業者の採用連携を推進する計画である。

 

また、仁川教育庁と協力して、職業系高校の学生が半導体産業の中間専門人材として幅広く成長できるように、職業系高校 - 企業 ( 先就業 )- 大学 ( 後学習 ) 地域人材成長の経路を構築する計画である。


KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.