메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

欧州金融メッカ、ドイツ・フランクフルトとの交流に糸口

仁川市相互戦略産業友好協力 MOU 締結、アジア新金融ハブ推進など

海外金融機関誘致・地域銀行設立などを通じて、アジアの新金融ハブ都市への跳躍を推進する民選 8 期仁川市が、欧州金融のメッカであるドイツ・フランクフルトとグローバルパートナーシップを結び交流の糸口を開いた。

 

仁川市は去る 4 日、市庁大接見室で劉正福市長とピーター・フェルドマン (Peter Feldmann) ドイツ・フランクフルト市長が、「仁川市・フランクフルト市友好協力了解覚書 (MOU)' を締結した。

 

海外金融機関誘致・地域銀行設立などを通じて、アジアの新金融ハブ都市への跳躍を推進する民選 8 期仁川市が、欧州金融のメッカであるドイツ・フランクフルトとグローバルパートナーシップを結び交流の糸口を開いた。

 

この日の締結式には、両都市の市長とシム・ジェソン仁川商工会議所会長、チン・ヨンジュン メッセフランクフルト韓国代表、ウリヒ・カスパ (Ulrich Caspar)IHK フランクフルト会長、エリック・メンゲス ((Eric Menges) フランクフルト・ラインマイン経済開発公社議長などが共に参加した。

 

今回の了解覚書締結は、欧州の金融ハブ都市であるフランクフルトと友好協力を強化することで、両都市間の戦略産業交流のためのネットワークを構築し、ニュー香港シティ建設と地域銀行設立などの推進動力を確保するために、仁川商工会議所と共に企画した。

 

特にフランクフルトは、劉正福市長が民選 6 期市長だった 2014 10 月、フランクフルトブックフェア組織委員会と了解覚書を締結したことを契機に、欧州拠点都市進出のために戦略的に努めた都市である。今回仁川を訪問したピーター・フェルトマン市長は、 2014 年に劉正福市長が了解覚書締結のためにフランクフルト市を訪問した当時の市長で、今回、両市長は 8 年ぶりに再会した。そこで今回、両都市間の戦略産業友好協力が持つ意味は更に大きい。

 

了解覚書を通して、両都市は相互尊重と信頼をもとに、経済・金融及び科学分野で協力することとなった。また、文化・スポーツ・観光分野の民間交流を促進し、相互利益となる事業を実施するために共同努力することにした。

 

仁川市とフランクフルト市は欧州とアジアを代表する空港がある都市で、国際機関などがある共通点があり、今後金融ハブの推進と関連して緊密な協力が期待される。

 

この日、フランクフルト訪問団は、了解覚書締結式に続き、サムスンバイオロジックスとセルトリオンを訪問し、グローバルバイオ産業生態系構築のための協業方案を議論し、中区開港場も見て回った。また、翌日には経済自由区域庁広報館・月尾公園などを訪問し、仁川の発展の様子と歴史・文化を経験する予定である。

 

一方、ドイツ・ヘッセン州の最大都市であり、ドイツの経済と金融の中心地であり、航空・交通の要衝地であるフランクフルト市は、多数の国際機関と企業、ドイツ連邦銀行・欧州中央銀行・証券取引所など金融機関がある国際ビジネス都市であり、博覧会都市である。

 

仁川市とフランクフルト市は、欧州とアジアを代表する空港がある都市で、国際機関などがある共通点があり、今後金融ハブの推進と関連して緊密な協力が期待される。

 

ピーター・フェルトマン フランクフルト市長は「仁川市と経済・金融・科学分野で積極的に協力する一方、来年韓国・ドイツ修交 140 周年を記念して、仁川市代表団をフランクフルトに招待したい」と明らかにした。

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.