메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

ニューグローバルシティ・済物浦ルネサンスの青写真完成

民選8期の核心公約、超一流都市のための推進方向樹立

劉正福仁川市長の民選8期の核心公約である「市民が幸せな世界超一流都市、仁川」造成のための青写真が出上がった。

仁川市は、「ニュグロバルシティ仁川(存のニュ香港シティ)」と「物浦ルネサンス事業」にする推進方向を樹立した。

今回の推進方向は、仁川市民が幸せで、仁川が次の等級(NEXT LEVEL)に跳躍するための世界超一流都市を造成することに焦点をてた。

仁川市が推進する超一流都市とは、国内外の一流都市を上回る新たな次元の都市であり、第5次産業革命時代に対応して、世界をリドする超スマトシティを基盤に文化・歴環境を通じて生活の質の向上を目指す人間中心の幸福都市を意味する。

「ニュグロバルシティ仁川(New Global-city Incheon)」と「物浦ルネサンス事業」は、今後、仁川市が世界超一流都市に飛躍していく上での大きな軸となり、先導的な役割を果たす。

まず、「ニュグロバルシティ仁川(New Global-city Incheon)」は、存の「ニュ香港シティ」を張した仁川の未来発展プロジェクトである。香港経済資本誘致を超えて、仁川の無限の潜在力を最大化し、グロバル中心都市に進むための多略を含む事業である。

▲ニュグロバルシティは、江華南端、永宗、港、首都埋立地、松島、羅を結び、仁川む仁川グロバルサクルに設定する。

事業の本格的な推進のために、事業名を「ニュ香港シティ」から「ニュグロバルシティ仁川」に更し、仁川グロバルサクルを中心に略を構想して、段階的に地域を大していく計である。
「仁川グロバルサクル」は、江華南端、永宗と、新たな略が必要な港、そして現在経済自由域として運中の松島、羅を結んでいる。

▲「物浦ルネサンス事業」は、大韓民の近代化を導いた仁川港(旧済物浦)および周辺旧都心地域を文化と光、産業が融合する新しい都市に再誕生させる事業である。写真は、1,8埠頭再開事業施のために作った鳥瞰

物浦ルネサンス事業」は、大韓民の近代化を導いた仁川港(旧済物浦)および周辺旧都心地域を文化と光、産業が融合する新しい都市に再誕生させる事業である。このために、港一経済自由域に指定し、未成長産業と年創業の蚕室にして、首都最高の海洋光空間に造成することで、都心均衡展を誘導し、仁川の新たな成長基盤を設けることが核心目標である。

仁川市は、超一流都市推進が成功するために、まず、ニュグロバルシティ諮問(金融籍企業、創業新産業、航空物流、文化・観・教育、都市バリュなど5分野)と物浦ルネサンス諮問を構成して、門家らの意見を集める一方で、連事業に必要な用役も共に推進する計である。

また、15日から22日までシンガポルとオストラリア(シドニ、ブリスベン)を訪問し、現地の韓企業人とって市場況を取し、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)シンガポル貿易館を直接訪ねて貿易物流など全方位的な協力案を議論する予定である。これをもとに、超一流都市造成案を具体化する計である。

▲かつてのシンガポル港の始点である物流倉庫密集地域を水辺区域として環境改善した。存の物流倉庫と建物を復元改造して川空間として演出し、リバクルズ船着場(写真左)と水空間を連結してアクセス性を最大化。

特に、今回の海外出張中には、シンガポクラクキClarke Quay)、シドニー・バランガロ(Barangaroo)、ブリスベンサウスバンク(South Bank)など代表的な都市再生成功事例を仁川港再開及び想像プラットフォム運などに採用するために、係機を訪問する計である。

シンガポルにあるAPEC(アジア太平洋経済協力機構)事務局を訪問して、「2025APEC首脳会議」仁川誘致活動も展開する予定である。


KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.