메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

仁川「K-バイオラボハブ」造成が可視化

予備妥性通過、バイオ創業企業の育成支援

仁川市と中小ベンチャ企業部が共同で推進している「K-バイオラボハブ」の造成が可視化した。

仁川市は去る22日、中小ベンチャ企業部(以下、中企部)と共同推進中の「K-バイオラボハブ構築事業」が予備妥性調査を通過したと明らかにした。

▲「K-バイオラボハブ構築事業」は、バイオ創業企業の育成を通じて、新など生命工分野の創業企業特化支援インフラを構築する事業である。バイオ創業企業入居空間、実験・研究、臨床試作品製作に必要な施設装備を備え、産・学・研・病が協力する空間として合支援できるオプンイノベション協力体制の構築、新発研究開プログラム運などを通じて、革新バイオ創業企業を育成するプロジェクトである。写真K-バイオラボハブの鳥瞰

技術情報通信部が各部署に提出した計9カ究開事業予備妥性調査象事業について審議した結果、「K-バイオラボハブ構築事業」を含む3つの事業だけが審議を通過した。

K-バイオラボハブ構築事業」は、バイオ創業企業の育成を通じて、新など生命工分野の創業企業特化支援インフラを構築する事業である。
バイオ創業企業入居空間、実験・研究、臨床試作品製作に必要な施設装備を備え、産・学・研・病が協力する空間として合支援できるオプンイノベション協力体制の構築、新発研究開プログラム運などを通じて、革新バイオ創業企業を育成するプロジェクトである。

これに先立ち、中企部は仁川、慶南、大田、忠北、全南など5つの地方自治体を象に事業候補地を評した結果、昨年7月、仁川を「K-バイオラボハブ構築事業」の最適地として最終選定した。

候補地選定後、仁川市は、中企部などと係機関会議、門家諮問及び連施設訪問などを通じて予備妥性調査要求資料作成を徹底的に準備し、予備妥性調査にも積極的に対応してきた。

1,095億ウォンなど計2,726億ウォンの事業費が投入され、年から2025年まで3年間、入居企業の建物2棟と入居企業の育及びネットワク構築のための建物1棟を建設し、2026年から本格運に入る。

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.