메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

仁川市行政区域、2郡・9区体制で改編推進

物浦永宗に、西=西黔丹に調整提示

仁川市が仁川の地え、市民生活を展させ、未に跳躍するために、行政体系を改編する。主な改編容は、人口減少が目立つ中物浦と永宗として行政域を調整し、人口が57万人の西は西と黔丹に分を推進する。

劉正福仁川市長は31日、市民の不便さを最小限に抑え、生活と人口規模に適した、未志向的で合理的な仁川市行政体制改編案を表した。

▲仁川市が市民の不便さを最小限に抑え、生活と人口規模に適した、未志向的で合理的な仁川市行政体制改編案を表した。この改編案によると、2郡8体制から2郡9の行政体系にわる。写真は劉正福市長が行政体制について明している場面。

劉正福市長は、現行体制は1995年に2郡8に確定した後27年間、行政的件の化にもかかわらずそのまま維持されており、市民の不便さが加重されていると明した。

際、仁川市の住民登人口は1995年に235万人だったが、2022年7月現在61万人加して296万人となり、基礎自治たりの平均人口29万6000人と、域市の中で最高水準となっている。また、民願件2021年には全3位と、年間110万件にのぼる。人口333万人で、仁川に似た釜山には16郡・区(1郡15)があり、基礎自治たりの平均人口は20万8000人で、仁川より平均10万人少ない。

このような劣況は行政業務の過重につながり、急速に化する社と多な住民からの要請にきちんと対応することが難しく、住民福祉と便益進にも限界があると言わざるを得ない。

これを解決するために、現行の2郡8行政体制を、行政域調整と分を通じて2郡9行政体制に改編する案を提示した。

自治改編は、地域件や住民宿願度など合的に考慮して、中と東物浦と永宗に行政域調整及び自治名を更し、人口が50万人以上の西(57万人)は西と黔丹への分を推進する。人口が51万人の南洞は今後討する。


■生活に伴う行政域の調整

#中14万)、東6万)→(物浦10万)/()永宗10万)
と東間の行政域の更は、2010年代からしばしば言及されてきたイシュである。中は永宗地域と陸地域で生活が完全に離れており、永宗島に中2庁舎が開するなど、行政の二元化で非率性がしている。東は港および背後施設中心の都市で、仁川港など港が多い中陸地域と境界が曖昧で、生活もかなり類似している。

■人口加に伴う分

#西57万)→西38万)/()黔丹19万)
西は、仁川でも人口が最も多く、面積も陸地域では最もい。西の面積(118.5㎢)は東7.1㎢)、 弥鄒忽24.8㎢)、桂陽45.5㎢)と富平32㎢)を合わせた面積よりく、空港空港高速道路アレッペッキルなど、交通インフラが西を南北に分離している。黔丹地域は、かつて金浦郡から西に編入('95年)されたところで他の西地域と文化的違いがあり、西黔丹出張所が設置されるなど、行政の非率性もしている。

現在、人口は57万人程度だが、羅、ルウォン、黔丹などの地域に新都市開いており、今後、人口が70万人以上になると見まれ、黔丹地域だけで今後10万人以上の人口が加すると予想されている。

このように人口加に伴う分が避けられない況で、現在、西の南側は西に、北側は黔丹に調整している。

追加討地域

#南洞51万)
南洞区内の九月2地3期新都市が予定されており、今後も人口が大幅に加すると予想される。しかし、重に進めていく必要があり、住民の意見を聞いた後、中央部署と協議して推進する。

自治の改編は、住民の生活に大きな影響を及ぼす複でセンシティブな問題で、市民、基礎自治体、地域体、政治家など多な利害係者の同意と協力が求められるだけに、劉正福市長は、持的な住民、政治などの意見束などを通じて、市民の便宜進と仁川の展のためには難しくても必ず推進すべきことだと調した。

仁川市は、自治新設にする当為性と必要性など、市民の点からの益を積極的に報し、地域社と直接コミュニケションして共感領域を形成し、究用役を通じて改編案の細部事項を設けて、法律制定を通じて推進する計だとえた。

 

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.

前へ
仁川「K-バイオラボハブ」造成が可視化
次へ
データがありません。