메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

在外同胞庁誘致・海外同胞協力強化「模索」

仁川市、20日までにフランスなど4ヵ国訪問、欧州同胞対象に支持要請

 

仁川市長と仁川市の関係者は、在外同胞庁誘致のための海外同胞との協力強化と外国人投資誘致のために、民選8期就任後、2度目となる海外訪問をする。

仁川川広域市長は去る13日(現地時間)、フランスのノルマンディー地方カーン市庁でジョエル・ブリューノ(Joel BRUNEAU)カーン市長の案内を受けてカーン市庁を見学した。

 

仁川市は、劉正福市長と関係公務員が、12日から20日まで7泊9日の日程でフランスなどヨーロッパ4ヵ国を訪問している。

今回の訪問は、欧州韓人総連合会と「2022スマートシティ・エキスポ・ワールド・コングレス(SCEWC)」の公式招待による国際友好協力強化と投資誘致活動、超一流グローバル都市構想などを兼ねて推進する。また、今回の訪問では、仁川上陸作戦の歴史的意味を再照明するための現場視察も行った。

最初の日程ではフランスのパリを訪問し、ノルマンディー上陸作戦記念館と連合軍とドイツ軍が最もし烈な戦闘を展開したオマハ・ビーチ、6.25参戦勇者追悼碑などを訪れた。ここでは仁川上陸作戦とノルマンディー上陸作戦の崇高な歴史的経験を共有する一方、参戦勇者たちの平和守護精神を噛みしめる時間も持った。

仁川市とフランス・ノルマンディー州は、2017年に「文化遺産保存および平和守護のための友好協力業務協約(MOU)」を締結した。来年度、仁川上陸作戦記念行事を大規模に計画している仁川市は、今回の訪問を通してノルマンディー州の多様な経験とノウハウを共有し、協力方案を議論した。

劉正福仁川川広域市長は13日(現地時間)、フランス・ノルマンディーのカーン記念館で関係者の説明を聞いている。

 

2 番目の訪問地であるスペインのバルセロナでは、公式招待された「2022スマート・シティ・エキスポ・ワールド・コングレス(SCEWC、Smart City Expo World Congress)」に参加し、「協力的ガバナンスを通した未来社会の共有」というテーマで、ガバナンス部門討論会に参加する。

11 月15日から17日まで開かれるSCEWCは、デジタル変換、都市環境、モビリティ、共有都市などスマートインフラ及び次世代モビリティ領域の現在と未来を垣間見ることができる世界最大規模のスマートシティ国際行事だ。

今年のイベントには、世界140ヵ国以上700都市から約2万4000人が参加し、400人の都市指導者と国際的な著名講師が集まり、110回以上の討論会を持つ予定だ。市は、仁川経済自由区域庁と共に展示広報館を運営し、仁川市のスマートシティ政策と事業を積極的に広報し、「グローバル・スマートシティ仁川」の国際的地位を高める計画だ。

3 番目の訪問地であるドイツのフランクフルトでは、グローバル企業とドイツ経済人連合会の関係者に会い、仁川経済自由区域の投資環境を説明し、投資誘致活動を行う。

また、欧州内の韓国人を激励し、欧州韓人総連合会(会長:ユ・ジェホン)と相互協力のための了解覚書(MOU)を締結する予定だ。仁川経済自由区域庁では、欧州韓人文化タウンの造成と在外同胞庁の仁川誘致について説明し、欧州同胞を対象に支持を要請する計画だ。

フランス・ノルマンディー米軍墓地及び記念館

 

最後の日程では、港湾再生の先進地に数えられるオランダのアムステルダムを訪問し、住民と芸術人中心の自発的都市再生事例であるNDSM、デ・クーベル、 IJdok地区などを視察し、済物浦駅ルネサンスとの連結方案を構想しながら今回の海外訪問を終える計画だ。

一方、今回の訪問では欧州韓人総連合会が劉正福市長夫妻を招待するに伴い、チェ・ウンヨン夫人も個人負担で同行し、ドイツのエッセン韓人文化会館訪問、パーディック鉱夫と看護師など同胞民と懇談会も持つ予定だ。またポンピドゥー美術館韓国分館誘致活動も行う予定だ。

 


 

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.