메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

仁川3号線、特別自由化区域…仁川北部大変革

仁川市超一流都市仁川北部総合発展計画発表

仁川市は去る10日、仁川西区庁大会議室で仁川市の変化と革新のための第一歩として、「超一流都市仁川北部総合発展計画」を発表した。

仁川市は去る10日、仁川西区庁大会議室で仁川市の変化と革新のための第一歩として、「超一流都市仁川北部総合発展計画」を発表した。

 

仁川市は、民選8期政策方向及び行政体系改編など状況の変化を考慮して、「変化と革新」に重点を置き、アラベッキル北側の桂陽区・西区地域の将来発展構想のために、「北部圏総合発展計画」を再編し、「超一流都市仁川北部総合発展計画」を樹立した。

仁川「北部圏総合発展計画」の内容。

 

「北部圏総合発展計画」は、民選6期に推進計画を樹立し、民選7期の2019年4月に用役に着手したが、今年3月、用役期間を28日残して中止された状態だ。

今回の計画では、空間に対する計画、生活SOC供給計画、埋立地将来発展方向、交通改善方案に集中し、北部地域がアラベッキルで断絶された生活圏ではなく、アラベッキルという巨大な水辺空間を持つ仁川の生活圏都市として作っていく内容が含まれている。

まず、空間に対する内容としては、住居と産業が混在しないように、歌鉉山~近隣公園~野生花団地につながる緑地軸を提示し、現在造成中の国内唯一のドローン認証センターと連携して首都圏埋立地第2埋立場上部に都心航空交通(UAM)試験場を設置するなど、UAM体系を仁川市が革新的に優先的に推進し、これに基づいて新成長産業を誘致する計画だ。

仁川北部地域都市の空間計画が全面改編される。

 

また、アラベッキルは 「ドローン特別自由化区域」指定を推進し、アラベッキルUAM路線を新設して国内UAM関連産業が集約できる環境を造成する計画だ。生活SOC供給計画では、学校、図書館、体育センターなどを2026年までに46ヵ所供給し、将来40ヵ所を追加供給する方案を計画した。このような生活SOCは、黔丹新都市・都市開発事業などと連携して供給し、公共庁舎複合化事業などを通して推進する計画だ。

首都圏埋立地第2埋立地には国内唯一のドローン認証センター、ドローン自由化区域を推進し、第3埋立場には市民開放空間、第4埋立場には湿地生態公園などが造成される。

 

また、行政区域の改編に伴う黔丹区新設が実現できるように、黔丹区庁舎など行政タウンの造成に対する部分も内実を持って推進していく計画だ。

首都圏埋立地は、埋立終了と共に仁川市が主導する計画として導き、市の長年の難題である 沙月マウル周辺についても、全体開発を原則としてエコメタシティとして開発していく計画だ。第2埋立場には「UAM試験場」と「多目的スポーツパーク」を造成し、第3埋立場は市民と共に作っていく「市民開放空間」として、第4埋立場は海と隣接した地形条件を考慮して、「湿地生態公園」として造成する計画だ。このような仁川市主導の上部空間に対する計画を通して、埋立地の活用に対する土台を設ける方針だ。

また、北部地域を仁川生活圏にするために都市鉄道を利用した北部循環網を構築し、交通渋滞解消のために重峰大路接続を推進する計画だ。北部循環網は、仁川1号線~仁川2号線~ソウル7号線を通して乗り換えが可能な循環網を形成し、鉄道につながる都市を作るという構想だ。

仁川北部は四方に広がる交通網を構築し、交通が便利な住みやすい都市になる見通しだ。

 

仁川1号線は、西区大谷洞地域に延長し、金浦都市鉄道と乗り換えする案を提示し、仁川2号線は黔丹梧柳駅で黔丹産業団地を連結して、将来的には江華島まで延長する案を提示した。また、仁川3号線は、西区黔丹~青羅~中区、東区(済物浦)を結ぶ路線として推進する予定だ。

ソウル7号線は、青羅延長線を仁川2号線黔丹梧柳駅と連結して北部循環網を形成するようにし、仁川2号線に乗り継ぐことで、江華~首都圏埋立地~青羅を連結するニュー香港シティの主要基盤施設を構築する計画だ。

このような計画は、来年から2025年までに合計10億ウォンの予算を投入して、都市鉄道網構築計画用役で事業妥当性などを検討する予定だ。

仁川市は、「超一流都市仁川北部総合発展計画」が政策計画で、今後、都市基本計画・都市鉄道網構築計画など法定計画でこれらの内容が反映されるように推進する方針だ。


 

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.